美容業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今の美容のトレンドまで幅広く配信!

ブライダルメイク上達のポイントは?ドレス姿をより美しく

結婚式という人生の一大イベントで、花嫁にするメイクはブライダルメイクと呼ばれます。ブライダルメイクはドレスや着物に合わせて行われ、普段のメイクとは異なるポイントがあります。本記事では花嫁姿を一段と美しく引き立てるための、ブライダルメイクのポイントを解説します。

特別な1日を飾るブライダルメイク

はじめに、結婚式を彩るブライダルメイクが担う役割について考えてみましょう。

通常のメイクとブライダルメイクで大きく異なる点は、ドレスや着物などの衣装と、身に付けるアクセサリー、会場が予め決まっており、それに適したメイクを提供するということです。また、花嫁にとって結婚式は特別大切な1日であり、「目をできるだけ大きく見せたい」「小顔に見えるようにしてほしい」など、どのようなメイクにしたいかの希望やこだわりも強いものです。
ブライダルメイクには、結婚式の主役である花嫁と新郎、そしてゲストの方を含め、みんなが幸せな気分で1日を過ごせるよう、花嫁の美しさを際立たせる役割があります。

ブライダルメイクが濃い理由

ブライダルメイクは、通常のメイクよりもやや濃い印象を持っている方が多いかと思います。ではなぜブライダルメイクが濃いめなのか、理由をご説明します。

衣装とのバランスを取るため

結婚式の花嫁は純白のドレス、カラフルなドレス、白無垢、赤など強い色の着物など、ゴージャスな衣装を着ています。それなのにメイクが地味だと、逆に顔のほうが目立ち、衣装負けしてしまいます。そうならないように、豪華な衣装ともバランスを取る目的で、ブライダルメイクも少し濃くしています。

遠くからでも目立つようにするため

結婚式は参列するゲストの方々に祝福していただくイベントであるため、花嫁側の演出だけでなく、ゲストから見てどうかの観点も大切です。座席によっては新郎新婦とゲストとの距離がかなり離れる場合もあります。そのため遠くからでも花嫁の顔立ちがはっきり美しく見えるようにメイクも考えて行われています。

華やかさを写真や動画に残すため

結婚式は人生の中で重要なイベントであり、数多くの人から写真や動画を撮られる機会でもあります。プロのカメラマンを呼び、アルバムや写真立てとしても形に残す方が多いでしょう。そのため写真や動画でもきれいに映えるように、華やかさを際立たせる目的でやや濃いメイクが行われることになります。

事前に押さえておきたいブライダルメイクのポイント

ブライダルメイクは通常のメイクとは異なる点が多く、セルフでされる方はほとんどおらず、基本的にプロのメイクアップアーティストなどに依頼します。花嫁にブライダルメイクをする際の5つのポイントをまとめました。

1. 事前にメイクのリハーサルを実施する

結婚式までの一般的な流れとしては、本番までに何度か打ち合わせを重ね、最後に本番に近い状況に見立ててリハーサルが行われます。立ち位置や行動の確認はもちろんですが、メイクについても同様のリハーサルを行うことが大切です。

結婚式当日はスケジュールが朝から夜まできっちり決められており、花嫁がメイクを気に入らなかった場合でも、やり直す時間がありません。そんな状態で結婚式本番を迎える花嫁は悲しい気持ちになってしまうでしょう。そうならないためにも、ドレスやアクセサリーの種類が決まり次第、ブライダルメイクの確認も行います。

花嫁には事前に理想のイメージがあるかを尋ねておき、できればイメージに近いモデルなどの写真を持参してもらいましょう。また、その逆で、しないでほしいタイプのメイクを確認しておくことも有効です。肌質や合わない化粧品についても確認しておくとトラブル防止に繋がります。

2. ベースメイクで化粧崩れをしっかり防止する

結婚式は準備段階から式終了後の撮影会まで、1日がかりの長丁場となります。あらゆる角度や位置から写真を撮影されるため、長時間経っても崩れないようにベースメイクをしっかり行うことが大切です。
肌は全体的に透明感があって、かつ艶っぽく仕上げると華やかさが出ます。ハイライトは会場の照明が反射して光るようなイメージで、おでこ、鼻筋、鎖骨、あごなどにオンしましょう。

3. 顔だけでなくデコルテまでメイクする

ブライダルメイクは顔だけでなく、首筋から肩周り、胸元まで行います。濃いメイクにしたときに顔だけが浮いてしまう恐れがあり、またドレスでは普段よりも肌の露出部分が増えるため、身体全体が美しく見えるように広範囲にメイクをするのです。しみなどお肌のトラブルがある場合には、ボディメイクやコンシーラーなどでカバーします。ラメ入りパウダーで仕上げると、適度にキラキラ光ってより美しく見えます。

4. アイメイクは涙対策をしつつ華やかに仕上げる

目元は顔全体の印象が大きく変わる重要なポイントです。ほどよいボリュームのつけまつげもしくはまつげエクステを付け、アイラインを長めに引くことで、華やかな目元を演出しましょう。つけまつげに慣れていない方は途中で外れたり、式の最中に違和感を抱いたりすることもあります。日頃から慣れていただくか、苦手な方はまつげ1本1本にボリュームが出るマスカラを使いましょう。まつげにボリュームがあることで、伏し目がちな角度からも美しく見えます。

しかし結婚式では育ててくれたご両親への感謝の気持ちを伝えるなど、感極まる場面が多く、涙でアイメイクが崩れそうになることもあります。涙で目の周りが真っ黒になってしまわないように、ウォータープルーフタイプの化粧品を活用することもおすすめです。また涙が溢れたときにはこすらずに、ハンカチでそっと押さえるようにしましょう。

5. リップで全体の印象を整える

リップは色や厚みで顔の印象がかなり変わるパーツの一つです。花嫁の意向を伺いながら、どのような印象に仕上げたいかを聞いて仕上げましょう。たとえばピンク系で上品でエレガントな雰囲気や、色打掛に合わせた赤系でゴージャスな雰囲気などです。

また、披露宴では多くの花嫁がお色直しをし、純白のウェディングドレスから鮮やかなカラードレスになったり、あるいは和装になったりと、衣装の雰囲気がガラリと変わります。リップの色や質感についても、式当日の流れに合わせて検討しましょう。

ブライダルメイクを学びたい方へ

これまでご紹介してきたように、ブライダルメイクは特別な1日のための、特別なメイク。ブライダルメイクをするメイクアップアーティストなどの職業は、そのような人生の幸せな節目に関われる、大きなやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。しかし期待が大きい分、失敗が許されないメイクでもあります。たしかな技術力と自信を付けて、プロとして働けるようになっていきます。

美容専門学校に通って効率良く学ぶ

ブライダルメイクは他のメイクとは全く異なる領域であり、専門的な技術や知識が必要です。また花嫁とのコミュニケーションの中で希望を聞き取るヒアリング力や、てきぱき時間内に対応するスケジュール管理力、そして花嫁やそのご家族などの関係者を笑顔でお迎えする接客力なども重要なスキルです。

そのようなブライダルメイクに求められる知識や技術は、アフロート美容専門学園で身に付けることができます。美容業界へ卒業生を多数輩出しており、ブライダル領域のヘアメイクアーティストやブライダルネイリストなども各地で活躍しています。あなたもアフロート美容専門学園で基礎から美容を学びませんか?詳しくは公式サイトをご参照ください。

アフロート美容専門学園の公式サイトはこちらdouble_arrow

資料請求

オープンキャンパス

ページトップ