美容業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今の美容のトレンドまで幅広く配信!

メイクアップアーティストになるには?美容専門学校の選び方や資格などを解説

メイクアップアーティストになるには?美容専門学校の選び方や資格などを解説

TVや映画などで活躍する俳優やタレントのメイクを担当するメイクアップアーティスト。華のある業界を支える職業なので、憧れている方は多いことでしょう。本記事ではメイクアップアーティストになるための方法や、美容専門学校の選び方、必要な資格についてご紹介します。

メイクアップアーティストの仕事内容

はじめに、メイクアップアーティストの仕事内容をご紹介します。
メイクアップアーティストとは、テレビや雑誌、映画、舞台などで活躍する俳優やタレント、モデルのメイクを担当する仕事です。芸能界で働くイメージが強いかもしれませんが、メイクアップアーティストの中には、ブライダルサロンや美容室などに勤める方もおり、一般の方のメイクを担当することもあります。

プロのメイクアップアーティストは、メイクを担当する俳優などの個性を活かした上で、出演作品・番組に対する理解も深め、適切なメイクを行います。撮影現場では証明の当たり具合によってもメイクの見え方は変わるため、他のスタッフとも協力しながら微調整を繰り返します。裏方の仕事でありつつも、作品・番組の雰囲気を左右する重要な仕事です。

>>>併せて読みたい!メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストになるには美容専門学校へ

メイクアップアーティストになるには、実は特別な資格は必要ではありません。しかし、当然ながらメイクの専門的な知識と技術が求められるため、基本的にはまず美容専門学校でメイクを学ぶ流れとなります。

メイクアップアーティストになるための進路

メイクアップアーティストになるための進路としては、まず高校卒業後に美容系の専門学校(または大学・短大)にて専門知識を身に付け、その後メイクのプロダクションや化粧品メーカー、ブライダルサロンなどに就職して、メイクアップアーティストになる流れとなります。

(図)プロのメイクアップアーティストになるまでの流れ

高校卒業
美容専門学校・短大
(美容を学ぶ)
就職
(メイクのプロダクションや化粧品メーカー、
ブライダルサロンなど)
メイクアップアーティスト
(アシスタントからスタート)

 

美容専門学校卒業後の進路・就職先

美容専門学校卒業後の就職先について、もう少し詳しくお伝えします。ゆくゆくフリーランスのメイクアップアーティストとして活躍する方もいますが、まずは多くの方が次のような企業へ就職します。

メイクアップのプロダクション

メイク専門のプロダクションの採用面接を受け、合格したらそのプロダクションに所属し、現場経験を積んでいきます。はじめのうちはアシスタントのポジションからキャリアをスタートさせ、現場のサポートを行いながら経験を積み、徐々にメイクの仕事を任せてもらえるようになっていきます。

ブライダルサロン

また、結婚式を迎える新郎新婦のメイクを担当するメイクアップアーティストもいるため、ブライダルサロンも就職先の一つとなります。結婚式は人生の節目となる一大イベントであり、ブライダルサロンではドレスまたは和装に合うメイクなど、求められるメイクの系統が通常とは異なります。ブライダルサロンに就職した場合も、基本的にはアシスタントからキャリアをスタートさせ、徐々に現場経験を積んで活躍できるようになっていきます。

化粧品メーカーのメイク部門

この他、美容専門学校卒業後、化粧品メーカーのメイク部門に就職する方もいます。美容部員として働く方もいますが、中にはメイクアップアーティストとして活躍する道もあります。狭き門ではありますが、一般的な会社員とあって収入は比較的安定します。

メイクアップアーティストに資格取得は必要?
     

メイクアップアーティストに資格取得は必要?

前述の通り、メイクアップアーティストには資格取得は必須ではありませんが、メイクアップアーティストと似ている職種、美容師を目指す場合には、美容師の国家資格の取得が必要です。また、メイクのスキルアップを目指せる民間資格もあるので、併せてご紹介します。

美容師として働くなら国家資格が必要

美容師とメイクアップアーティストは異なる仕事です。美容師は国家資格である美容師免許を取得し、お客様のカットやパーマまで対応します。一方メイクアップアーティストは、メイクのほかヘアスタイリングまでは担当することがあります。カットやパーマは美容師の資格がないと対応できません。
美容師の国家試験を受けるためには、国が指定する学校法人の美容専門学校を卒業する必要があります。

メイクアップアーティストを目指すなら専門学校の選択肢が豊富

メイクアップアーティストの場合には、国家資格の取得は必要がないため、美容師のような制限はありません。メイクアップアーティストを目指す場合だと、学校法人ではない美容専門の学校や美容スクールに通うこともできるので、進路の選択肢の幅が広がります。

メイクのスキルアップに役立つ資格

メイクのスキルアップに役立つ民間の資格は様々なものがあるため、興味がある資格があれば、美容専門学校在学中などに取得を目指し、さらなる技術レベルの向上を目指すと良いでしょう。例えば以下のような資格が、比較的知名度が高いメイク関連資格です。

(表)メイクに関する民間資格の例

資格名

認定団体

JMAメイクアップ技術検定試験

一般社団法人日本メイクアップ技術検定協会(JMA)

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

一般社団法人IBF国際美容連盟

色彩技能パーソナルカラー検定

NPO法人日本パーソナルカラー協会

メイクセラピー検定

一般社団法人メイクセラピストジャパン

ベーシックエアブラシ技能者

社団法人日本エアブラシメイク協会(JAMS)

コスメコンシェルジュ

一般社団法人日本化粧品検定協会

 

先輩メイクアップアーティストに聞く仕事のやりがい

先輩メイクアップアーティストに聞く仕事のやりがい

美容専門の学校であるアフロート美容専門学園には、現在メイクアップアーティストとして活躍する先輩たちがたくさん在籍しています。

化粧品会社に就職しメイクアップアーティストとして活躍する卒業生は、メイクを担当する方から上手に希望を伺い、その人らしさを引き出すカウンセリングが楽しいと感じているそうです。
また、撮影関係やエアブラシアーティスト、セットサロンのアーティストなど多岐にわたる活躍ぶりをしている卒業生もおり、パーソナルカラーの勉強が今の仕事に活きているといいます。モデルやお客様から「似合うメイク」を求められる場面が多く、そのときに説得力を持って自分の技術を示せているそうです。

このようにメイクアップアーティストのやりがいは、自分の大好きなメイクのスキルを活かしながら、目の前のお客様に寄り添い、満足していただくことといえるでしょう。下積み期間はつらいこともあると思いますが、それを乗り越えてお客様の役に立てる喜びはひとしおです。

>>>併せて読みたい!ヘア&メイクアップ業界がわかる先輩座談会

メイクアップアーティスト目指すなら!アフロート美容専門学園へ

アフロート美容専門学園は、本気でプロのメイクアップアーティストを目指す方にぴったりの、美容専門の学校です。毎日通う全日制のコースのほか、自分のライフスタイルに合わせて通える自由予約制があります。自分に合った学び方で、プロのメイクアップアーティストを目指しませんか?詳しくはお問い合わせください。

メイクアップアーティストを目指すなら「アフロート美容専門学園」double_arrow

WHAT’S AFLOAT?

WHAT’S AFLOAT?

美容専門の学校で

ネイル資格・ヘアメイク資格を

取得するならアフロート美容専門学園。

2022年度

15万円免除

資料請求

オープンキャンパス

ページトップ