美容業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今の美容のトレンドまで幅広く配信!

メイク好き中学生必読!美容部員になるには?夢を叶える進路の決め方

メイク好き中学生必読!美容部員になるには?夢を叶える進路の決め方

百貨店や化粧品ブランド専門店などで働く美容部員(ビューティーアドバイザー)は、来店するお客様にメイクをしながら、自社商品の販売を行う専門職です。美しい美容部員にいつかなりたいと、憧れを抱いている方も多いかと思います。
そこで本記事では、メイクが好きな中学生向けに、美容部員になる方法をご紹介します。中学卒業後すぐに美容部員になることもできるのでしょうか?

美容部員になるには?中学卒業後の進路

まずは美容部員になるための、中学卒業後の進路をご説明します。

特別な資格は不要でも就職は高卒または専門卒

美容部員になるには、一般的には化粧品メーカーや美容部員専門の会社に就職し、化粧品売場へ派遣される形で仕事をする流れとなります。メイクの技術レベルや接客力は必要とされますが、美容部員になるために必要となる特別な資格はありません。
しかし、就職する際には、一般的には高校卒業または美容専門学校卒業資格が求められるケースが大半です。そのためまずは高校卒業または美容専門学校卒業を目指す必要があります。

>>>併せて読みたい!美容部員になるには?資格の必要性や他の美容系職種との違い

高校を卒業してからでも遅くない

美容の専門学校には様々な種類があり、中学卒業後すぐに入学できる学校も中にはあります。しかし、入学条件としては多くの美容専門学校が「高等学校卒業以上」と定めています。
そのため高校を卒業してから、美容専門学校に通い、その卒業を経て美容部員を目指す流れでも全く遅くありません。

>>>併せて読みたい!中卒でも美容専門学校に行ける3つの方法

美容部員の仕事とは

次に、美容部員の仕事内容や働く環境について、もう少し詳しくご説明したいと思います。

美容部員の仕事内容

美容部員とは、百貨店や化粧品専門店、ドラッグストアなどの化粧品売場で、お客様から相談を受け、メイクをしながら自社の化粧品を販売する仕事です。別名ビューティーアドバイザーやビューティーカウンセラーとも呼ばれます。

来店したお客様にメイクをすることを「タッチアップ」、そのための要望を聞き取ることを「カウンセリング」と呼び、この2つが美容部員の主な仕事内容です。そしてタッチアップ、カウンセリングの目的としては、自社化粧品の販売があります。メイクをするだけが仕事ではなく、化粧品の売上目標を背負っている点が大きな特徴です。

カウンセリングにおいてはお客様の美容のお悩みを上手に伺いながら、肌質や好みの傾向、似合う雰囲気などを見極め、どのようなメイクや化粧品がそのお客様に適しているのかを判断していきます。親身になってお客様の相談にのる力や、アドバイスの的確さ、そしてメイクの技術力が重要となる仕事です。

美容部員の働く場所

美容部員が働く主な場所としては、次に挙げる通りです。

百貨店

デパートや百貨店の化粧品売場には多くの化粧品ブランドがお店を持っていますが、そこで接客を受け、メイクをしてもらった経験がある方もいるかと思います。そのメイクを担当してくれる方が美容部員です。百貨店のお客様の層としてはやや年配層が多いため、自分よりも年上の方に適したメイクや、アンチエイジング効果のあるメイクなどもできるようになる必要があります。

ドラッグストア

また、ドラッグストアの化粧品売場にも、美容部員が派遣されています。百貨店よりも比較的プチプラコスメが取り扱われているため、来店される客層は若年層も含め幅広くなります。

ショッピングモールなどのコスメ専門店

この他、ショッピングモールなどに入っているコスメ専門店でも、自社ブランドの魅力を伝えるために美容部員が働いています。

美容部員になるために中学生の今からできることは?

それでは、現在中学生の方は、将来美容部員になるために、今どんなことができるのでしょうか。専門学校に入る前でもできることがあるので、3つご紹介したいと思います。

メイクの練習やコスメの研究

一つ目は、メイクの練習やコスメの研究です。中学生はまだまだ若く、使えるお小遣いも限られているので、がっつりメイクをしなくても十分ではありますが、メイクが好き・メイクに興味があるなら、時々気になるコスメを買ってみて、メイクにチャレンジしてみてください。最近ではYouTubeなどの動画サイトでも、美容部員やメイクアップアーティストがメイクの仕方を紹介するようになっており、情報収集しやすくなっています。今からそうした練習や勉強をしてみると良いでしょう。

人と積極的にコミュニケーションをとる

二つ目は、周囲の方々と積極的にコミュニケーションをとることです。メイクと関係ないと思われるかもしれませんが、人とのコミュニケーションは実はメイクの練習よりもずっと重要です。
美容部員の仕事においては、お客様から希望をお伺いするカウンセリングが上手に行えるかが、仕事の出来を左右します。お肌や見た目に関する悩みは、なかなか人に話したくないこともあるでしょう。お客様に心を開いていただき、希望を聞き取るスキルは、すぐに身に付けられるものではありません。中学生の今から、お友だちや学校の先生、家族など、周囲の人との会話を楽しむように心掛けてみましょう。

実際に働いている美容部員を観察

三つ目は、実際に働いている美容部員を観察することです。百貨店やドラッグストアに行くと、まさに美容部員として働いている人を観察することができます。どのような様子で接客の対応や化粧品の販売を行なっているかをよく見て、将来自分が美容部員になったときの姿を想像してみましょう。自分に向いていそうな仕事か、長く続けられそうな仕事かを判断することができるようになります。

コロナ禍で激変の美容業界

コロナ禍で激変の美容業界

最後に、コロナ禍を経た昨今の美容業界について補足をしておきたいと思います。
美容部員が働く美容業界は、新型コロナウイルス感染症の流行から、大きな転換期を迎えています。対面での接客が難しくなり、美容部員が働く場所が制限されてしまう状況も実際に起こっています。

それでも、やはり対面でお客様のお話を伺いながら、新しい魅力を見つけてもらえる機会が貴重であることに変わりはありません。厳しい環境がまだ続くかもしれませんが、だからこそ美容部員に求められる役割とは何かを考え、お客様に喜んでもらえる仕事を提供していく必要があると言えるでしょう。

中学生から美容部員を目指すなら!アフロート美容専門学園へ

美容について広く学べるアフロート美容専門学園には、高校を卒業された方を対象としたコースがあります。
また、高等部も設立されており、中学を卒業したばかりの方も美容を学べます。高等部ではヘアメイクやネイルアート、その他美容に関わる総合的な学びを得ることができ、13歳〜17歳までの様々な方が、毎日美容について学んでいます。

あなたもアフロート美容専門学園で、夢への第一歩を踏み出してみませんか?まずはお問い合わせください。

美容専門の学校「アフロート美容専門学園」の詳細はこちらdouble_arrow

アフロート美容専門学園ハイスクールの詳細はこちらdouble_arrow

WHAT’S AFLOAT?

WHAT’S AFLOAT?

美容専門の学校で

ネイル資格・ヘアメイク資格を

取得するならアフロート美容専門学園。

2022年度

15万円免除

資料請求

オープンキャンパス

ページトップ