アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ジェルネイルに必要なものを揃えよう!初心者向けに道具・用途を解説

デザインの種類が豊富で、ぷっくりとツヤのある質感が人気のジェルネイル。ネイルサロンで施術を受けることが一般的ですが、実は必要な道具を揃えれば、初心者でもセルフでかわいいジェルネイルができるのです。
本記事では、セルフでジェルネイルをする場合に必要なものを、初心者向けにわかりやすくご紹介します。

ジェルネイルに必要なものを揃えよう!初心者向けに道具・用途を解説

ジェルネイルに必要なもの一覧

ジェルネイルをする場合は、次のような道具を一式揃えましょう。順を追って詳しく確認していきます。

(表)ジェルネイルに必要な道具一覧

1. ネイルブラシ(平筆タイプ)
2. クリアジェル
3. カラージェル
4. LEDライト・UVライト
5. ネイルファイル(爪やすり)
6. ジェルリムーバー・アルミホイル
7. コットンまたはワイプスポンジ
8. エタノール
9. ウッドスティック
10. キューティクルオイル

1. ネイルブラシ(平筆タイプ)

ジェルネイルを塗りやすいのは、やや広い範囲を塗れる平筆タイプのネイルブラシです。お好みでオーバルを選んでも良いでしょう。
また、ネイルアートをする方は細筆も一緒に揃えておきましょう。

2. クリアジェル

クリアジェルは、ジェルネイルのベースコートやトップコートとして使用する他、他のカラーと混ぜて色を作ったり、ラメジェルを作ったりするのにも使えます。またストーンやパールといった装飾をしっかり固定する役割もある、万能なジェルです。

粘度はメーカーにより様々なタイプが販売されています。トップコート・ベースコートには粘度が低く伸ばしやすいタイプがおすすめです。

3. カラージェル

クリアジェルでベースコートを塗布したら、カラージェルを塗っていきます。自分の好きな色を揃えておきましょう。

4. LEDライト・UVライト

ジェルネイルは一般的なマニキュアと異なり、LEDライトまたはUVライトを照射し、化学反応を起こすことで硬化させます。風を当てたり、時間を置いたりしても固まりません。UVライトでしか固まらないジェルもあるため、使用したいジェルの性質を確認しましょう。

ジェルネイルに必要なもの一覧

5. ネイルファイル(爪やすり)

ジェルネイルの必須アイテムの一つが、ネイルファイルです。ジェルネイルは自爪の表面をネイルファイルで傷つけることによって、自爪とジェルを密着させます。ジェルネイルをオフする際にも、ジェルネイルの表面を削り取り、リムーバーを染み込ませる手順となります。
ファイルには目の粗さの種類がいろいろありますが、180G〜240Gの範囲のものをいくつか準備しておきましょう。

6. ジェルリムーバー・アルミホイル

ジェルネイルはマニキュア用の除光液では落とせません。ジェルネイル専用のリムーバー(アセトン)を使用します。

手順としては、ネイルファイルでジェルネイルの表面に軽く傷を付け、コットンにリムーバーを染み込ませます。それを爪に乗せてアルミホイルで巻き、時間を置いて剥がれやすくしてから、ウッドスティックなどで少しずつ削ぎ落とすようにオフしていきます。

ただし、アセトンは揮発性の高い成分のため、初心者は取り扱いに注意が必要です。換気をしっかり行うことが大切です。不安な場合はネイルサロンでオフするようにしましょう。

7. コットンまたはワイプスポンジ

コットンはエタノールを染み込ませ手指消毒をしたり、リムーバーを染み込ませてジェルオフに使ったりなど、様々な用途で活用できます。
コットンでも代替可能ですが、ワイプスポンジは未硬化ジェルの拭き取りに便利です。

コットンまたはワイプスポンジ

8. エタノール

エタノールは手指消毒のほか、油分・水分のオフ、はみ出たカラーの拭き取り、筆の消毒などに必要となります。

9. ウッドスティック

ジェルネイルは自爪からはみ出したままライトで硬化させると、浮きやすい原因となります。そこでネイルがはみ出たジェルを取り除くのに便利なのが、割り箸のような形状をしたウッドスティックです。
他にも、例えばネイルに細かいパーツを乗せるなど、様々な用途に活用できるため1つは持っておきましょう。

10. キューティクルオイル

マニキュアを除光液で落としたあとは乾燥しやすいため、特に甘皮周辺にしっかりネイルオイルを塗りましょう。ネイルを長持ちさせるためにも、こまめに塗って保湿することが大切です。

その他揃えておくと便利なもの

基本的には上記の道具を一式揃えておけば問題ありませんが、その他にあると便利な道具をご紹介します。

1. キューティクルリムーバー

甘皮は仕上がりを大きく左右するため、ネイルを美しく見せるためには、爪の根本の甘皮ケアが肝心です。キューティクルリムーバーを用いることで、甘皮が取りやすくなります。

2. キューティクルプッシャー

キューティクルプッシャーは、不要な甘皮を柔らかくし、優しく押し上げて除去するための道具です。爪の根本や表面をきれいに整えます。初心者は力を入れすぎて自爪や皮膚を傷付けてしまうことがあるため、使用する場合には十分注意しましょう。

3. プレプライマー

プレプライマーとは、ジェルネイルのプレパレーション(下準備)の仕上げに用いる液体で、爪表面に残った油分・水分を除去する役割を持ちます。マニキュアのようにハケが付いているボトルタイプの他、キッチンペーパーなどに含ませて利用するタイプがあります。
ジェルと自爪の密着度が高まり、ジェルが浮きにくくなるメリットがありますが、一方オフがしにくく、自爪に負担がかかるのがデメリットです。ジェルが浮きやすい方は利用されてみると良いでしょう。

ジェルネイルの腕を磨くならアフロートネイルスクールへ

セルフでもジェルネイルが上手にできるようになるためには、何度も試して練習し、慣れることが大切です。しかし、中には自己流で身に付けた技術で本当に正しいのかと、不安になる方もいるかもしれません。実際間違った覚え方をしてしまうと、直すのに苦労することになります。

ジェルネイルをはじめとするネイルの技術力を早く・正しく身に着けたい方は、アフロートネイルスクールで一緒に学びませんか?初心者からでもプロのネイリストになることができます。詳しくはお問い合わせください。

本気でネイリストを目指すならアフロートネイルスクールdouble_arrow

全国に15校舎で開講中