アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリスト検定3級とは?試験概要・施策のポイントをご紹介!

ネイリスト検定3級とは?試験概要・施策のポイントをご紹介!

美しいネイルは女性の心と容姿をパッと明るく華やかにします。その女性の美をサポートする仕事をしたい。そのような目標を持ってネイリストを目指す人も増えてきていますね。

しかし具体的にはどのようなプロセスを踏めばプロのネイリストになることができるのか、そして自分にはその適性があるのか、等など。不安を抱えている方も少なくありません。

今回はこれからネイリストを目指す方々におすすめの「ネイル検定3級」の試験内容や注意点などについて詳しくご紹介していきます。

ネイリスト検定3級について

では「ネイリスト検定3級」とは具体的にどのような資格なのでしょうか?試験を受けて資格取得する意味や、取得後はどのようなケースで役立つかなど。まずはそういった基礎知識を得ることで、ネイリスト検定3級取得に向けてのモチベーションを上げていきましょう。

ネイリスト検定3級はどんな資格?

あなたはなぜネイリスト検定を取得したいのでしょうか?その答えは、「プロとしてネイリストの職に就きたいから」「セルフネイルを究めたいから」という方がほとんどでしょう。

最近では自宅で手軽に行えるセルフネイルキットが売られていることもあり、一般の方でもある程度のネイル知識や技術を身につけている方も増えています。しかし独学のみのセルフネイルでは美しく仕上がらなかったりかえって爪を痛めてしまったりという失敗ケースも。そこで専門知識と技術を持ったプロのネイリストの需要があるのです。

プロ職を目指しているわけではないセルフネイラーの方でも自己流ネイルでは先ほどお話ししたような失敗が起こりがちですので、やはり正しいネイルの基礎知識・技術について学ぶことをおすすめします。

公益財団法人「日本ネイリスト検定試験センター」が主催するネイリスト検定は3級・2級・1級の等級があり、3級を飛び越えて2級・1級を受験することはできませんのでまずは3級を取得する必要があります。3級の採点基準は「ネイリストの基礎的知識・技術」です。まずは焦らず3級の取得を目指しましょう。

ネイリスト検定3級取得は何に役立つ?

ネイルサロンでは「ネイリスト検定2級やジェルネイル中級取得者」が採用条件となっている店舗が多いのですが、2級を受験するためには3級合格者であることが必須条件です。ということは、ネイリスト検定3級取得がプロとしての最初のステップとなります。

プロのネイリストとアマチュアの大きな違いは、ネイリストとしての資格を持っているかどうかということです。

ネイリスト検定3級では技術のほかに「爪の病気や補修」といった爪のケアに関する知識も必要とされます。お客様がプロのネイリストに求める条件は「美しくオシャレなネイルのデザインを作ってくれること」だけではありません。「安全に施術を行ってくれること」も重要なポイントです。技術だけではなく爪のケアに関する専門知識を必要とする検定資格を取得したネイリストは、お客様からの高い信頼を得られます。

ネイリスト検定3級の試験概要

ではあなたがネイリスト検定3級を取得できる可能性はどのくらいでしょうか?そのビジョンを頭に描くことはできますか?

ネイリスト検定3級を受験するためにはどんな受験資格が必要なのか、実際に受験した場合の合格率はどのくらいなのか。今からそういった受験資格や合格率などの事前情報をご紹介していきます。

受験資格と合格率

ネイリスト検定の受験資格は狭く厳しいものなのでしょうか?その答えは「NO」。実は義務教育を修了している人であれば、誰でも受験できるのです。ほとんどの方に受験資格がありますね。

そして気になるネイリスト検定3級の合格率は、約80%。最近は専門のネイリストを目指す人だけではなく、美容師さんのスキルアップや、習いごと感覚で受験するセルフネイラーの方も増えてきています。

それほどハードルは高くないようですね。

受験時期と開催場所

それではネイリスト検定3級の受験時期と開催場所についてご説明いたします。

受験回数は1年に4回です。毎年各時期に1回ずつ、冬期(1月)・春期(4月)・夏期間(7月)・秋期(10月)に開催されます。

開催場所は全国各地のオフィシャル会場か、受験要項に記載されている専門学校などで受験が可能です。オフィシャル会場の一例を挙げますと、札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄など。その時によって変更の可能性もありますので、受験したい時期に合わせて調べるのがベストでしょう。

受験日と場所は、あなたのスケジュールに合わせて選択できます。

ネイリスト検定3級の試験内容

ネイリスト検定3級の試験内容をざっくりと分けると、実技試験と筆記試験の2種類です。今回は実技と筆記それぞれの試験内容について詳しくご紹介していきます。

実技試験

実技試験内容はカラーリングやアートなどといったネイルアート実技とケアが主となります。

実技試験の実施時間は70分間です。その内の工程一つ一つにも制限時間が定められており、タイムオーバーは失格対象となるのでご注意ください。

まずはその工程内容と内訳をざっくりとご説明します。
【実技試験の工程内容】
①手指消毒(1分)
➁ポリッシュオフ(6分)
③ファイリング(12分)
➃クリーンナップ(14分)
➄ポリッシュカラーリング(25分)
⑥アート(8分)
⑦トップコート(3分)
⑧見直し(1分)

「ポリッシュ」は、ネイル塗料の一種です。別名「ネイルエナメル」とも呼ばれています。

ポリッシュオフとは、10本の手指すべてに塗られている赤ポリッシュを落とすこと。ここでタイムオーバーとなってしまう人も少なくないので、ポリッシュオフの事前練習を積んで手早く終わらせる技や自分に合うコットン選びなどのコツを身につけておきましょう。

ネイリスト検定3級の実技合格ラインは50点満点中のうち35点以上です。すべての実技工程を丁寧な仕上がりかつ時間内に行えるよう、しっかりと鍛錬して臨みましょう。

筆記試験

筆記試験の所要時間は30分ですが、筆記免除者の場合は実技が終わった時点で試験終了となります。

筆記試験の内容例は、「衛生と消毒 ・爪の構造(皮膚科学)」
「爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学) 」「ネイルケアの手順」など。特に「爪の構造」に関する問題はほぼ毎回出題されています。毎回の試験傾向にはあまり大きな変化がないようですので、過去問題集やテキストなどを活用してみるのも良いでしょう。

ネイリスト検定3級の筆記合格ラインは、100点満点中のうち85点以上です。マークシート形式で行われます。

ネイリスト検定3級の試験で注意すること

ネイリスト検定3級に合格するためにはただやみくもに勉強するだけではなく、試験に関する注意ポイントも把握しておかなければいけません。ネイリスト検定3級を受験する前には、まず公式サイトに掲載されている実技採点基準に目通しておきましょう。

今回はネイリスト検定3級受験について、特に注意しておくべきポイントについて詳しくご紹介していきます。

特徴的な採点方式に注意

ネイリスト技術検定は減点方式を採用しています。正しければ加点されるという採点方法ではなく、ミスや誤りからどんどん点を引いていくという方法です。「できて当然」というスタート地点から、ある意味粗探しのような減点を重ねられてしまうので、厳しい採点方法だと言えます。

たとえば手指消毒やテーブルセッティングなどは5点配分なので、不備があればそれぞれ5点もの減点対象です。モデルの爪の事前審も5点配分となっていますので、事前準備でしっかりチェックしておきましょう。

厳しい目で評価される実技試験ですが、裏を返せばポイントを捉えてミスや準備不足をなくすことでマイナス点を抑えることができます。満点を目指すよりもミス・減点を減らすことに重点を置きましょう。

失格対象を確認すること

減点よりも恐いのが、「失格対象」となってしまうことです。まずはよくある失格対象・不合格ケース例から見ていきましょう。
【よくある失格・不合格の理由:その1「受験態度」】
①遅刻
➁私語
③不真面目な態度
過度な私語はカンニングとみなされる場合があります。どうしても会話が必要な場合は小声で目立たないように話しましょう。またモデルが受験生に話しかけるのも失格対象ですので、事前にその旨を伝えておかなければいけません。

【よくある失格・不合格の理由:その2「使用禁止用具の持ち込み」】
①キューティクルオイル
➁爪磨きシート
③ドットペン
➃キッチン用品 など
上記のアイテム以外にも使用・持ち込み禁止用具があるので、事前にしっかり調べておきましょう。

【よくある失格・不合格の理由:その3「ミス」】
①手指違い
➁実技試験のタイムオーバー
試験会場では緊張のあまりアートを施す手指を間違えるといった初歩的なミスで失格対象となってしまう人も少なくありません。

実技試験のタイムオーバーにも要注意です。試験前の練習時からストップウォッチで施術時間を計ることを習慣づけておきましょう。

失格対象や減点を招かないためには、しっかりと事前準備・練習を行うことです。技術と知識に自信があれば心に余裕が生まれ、リラックスした状態で試験を受けられます。

ネイル検定3級を取得してネイリストへの道を開こう!

ネイリスト検定3級を取ればすぐにプロのネイリストとして就業できるわけではありませんが、まず3級を取得しなければその上の2級・1級は取得できません。ネイリストへの道はまず3級を取得することから開けるのです。

最近はネイリスト検定対策のテキストやアプリも充実していますので独学でも不可能ではありませんが、不明点などの壁にぶつかることも多々あるでしょう。

そういった時に専門のスクールを利用していると、講師に試験対策の相談や質問ができるので安心です。ネイルスクールは全国各地にあり、その料金体系やカリキュラムなどはスクールによって違います。

ご自分に合ったスクールを探すために、まずは見学や体験に申し込んでみてはいかがでしょうか。