アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリストになるには?取るべき資格やかかる費用について解説

将来ネイリストになりたいと考え始めた方へ、ネイリストになるための方法を解説します。ネイリストになるには資格が必要なのか、専門の学校に通う必要はあるのか、またなるためにどの程度お金がかかるかなど、今後の参考にしてください。

ネイリストになるための一般的な流れ



ネイルサロンへ就職する必須条件は義務教育修了者のため、中学を卒業すればネイリストになることが可能です。しかしサロンによっては高校卒業、あるいは専門学校卒業を条件としている場合もあります。年齢制限はなく、一度別の仕事をしていてもその後勉強をしてネイリストになることも可能です。
はじめに、ネイリストになるための一般的な流れをご紹介します。

1. ネイルの技術を身につける

ネイルが好きなら、セルフネイルや友達や家族などのネイルをする機会は多いかもしれません。しかしプロとしてお客様へ施術をするなら、確かな専門知識や高い技術が必要です。未経験可のサロンに就職して実務経験を積む手段もありますが、そうしたサロンは正社員としての募集が少なく、ネイルの専門スクールに通うなかで専門知識と技術力を身に付けるのが一般的です。

アルバイトやパートであれば、ネイルサロンでアシスタントを募集している場合があります。実際のネイリストたちの仕事を間近で見られるので、スクールに通いながらアルバイトをする方もいます。

2. 資格を取得する

美容師とは異なり、ネイリストには国家資格は存在しないため、実は資格取得は必須ではありません。しかし、実際にプロとしてネイルサロンで働く方は、ネイルに関する資格を保有している場合がほとんどです。

資格を取得することで、ネイルの技術や知識を証明でき、場合によってはサロンでの待遇の向上も期待できるようになります。具体的に必要な資格については後述します。

3. ネイルサロンへ就職する

ネイルの専門知識・技術を身につけて資格を取得したら、ネイルサロンへ就職するのが一般的な流れです。ネイルサロンの求人には、どのようなスキルや経験が必要とされるか条件が記載されています。自分の働きたいネイルサロンを探して就職活動を開始しましょう。

ネイリストになるために必要な資格

資格取得は必須ではないとはいえ、サロンに就職する際の条件に指定されていたり、より条件のよいサロンで働いたりするために資格が必要になります。ここではネイリストに必要とされる主な資格を2つご紹介します。

JNECネイリスト技能検定

公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催する資格です。国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しいネイルの技術と知識の向上を目的としています。

3級・2級・1級の3段階に分かれており、実技試験と筆記試験があります。試験の内容はネイリストとして必要なネイルケア、ネイルアートに関する技術を問うものとなっています。1級を取得すると、トップレベルのネイリストに必要な総合力を保有している証明になります。試験の具体的な内容や難易度、費用についてはこちらの記事をご参照ください。

▼ネイリスト技能検定3級を取得するには
▼ネイリスト技能検定2級を取得するには
▼ネイリスト技能検定1級を取得するには

参考 JNEC:ネイリスト技能検定試験とは, 2019/12/8閲覧
http://www.nail-kentei.or.jp/about/about.html

JNAジェルネイル技能検定

NPO法人日本ネイリスト協会が主催する、ジェルネイルに特化した資格です。プロとしてサロンワークでジェルネイルを施術するために必要な技術と知識の修得を目的としています。

初級・中級・上級の3段階に分かれており、ネイリスト技能検定と同様に実技試験と筆記試験があります。上級まで取得することで、ジェルネイルのスペシャリストに必要な総合力を修得している証明となります。試験の詳細については以下の記事を参考にしてみてください。

▼ジェルネイル検定初級を取得するには
▼ジェルネイル検定中級を取得するには
▼ジェルネイル検定上級を取得するには

参考 JNA:JNAジェルネイル技能検定試験, 2019/12/8閲覧
https://www.nail.or.jp/kentei/g_kentei.html

ネイリストになるための手段と費用



続いて、ネイリストになるための具体的な方法と費用について解説します。プロになるための手段は主に以下の3パターンです。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合った選択をしましょう。

1. ネイル専門スクールに通う場合

ネイリストを目指すなら、大半の方は専門スクールに通う選択をとります。スクールごとに授業形態や期間、内容はさまざまですが、ネイルの専門知識と技術を持ち、実務経験のある講師から直接指導を受けられます。

メリット

・プロとして必要な技術を無駄なく学べる

スクールではしっかりとカリキュラムが組まれていてサポート体制が整っています。プロ用の道具も揃っていますし、直接質問できるので上達のスピードは速いといえるでしょう。資格試験対策なども安心です。

・同じ夢を持った仲間がいる

1人では挫けそうになったとしても、同じネイリストを目指す仲間たちがいれば支え合いながら切磋琢磨でき、モチベーションも保てます。スクールによってはコンテストなど発表の機会も用意されており、互いに成長していくことができるでしょう。

・就職までサポートしてもらえる

ネイルサロンを併設しているスクールも多く、就職を斡旋してもらえたり、就職するためのサポートを受けたりすることができるのは大きなメリットです。

デメリット

・学費がかかる

懸念点としてはやはり費用がかかることです。一般的には1年間で約100万円ですが、1年制のスクールもあれば2年制のスクールもあり、夜間のみや週数回など集中的に学べるコースなど、期間も費用も内容もスクールによってさまざまです。入学金と授業料以外に教材費も10万円程度みておくとよいでしょう。
特定の資格試験対策のみのコースが設定されているスクールもあり、こちらは数万円から受講ができる場合が多いです。

たとえばアフロート美容専門学園の「ネイル専科」に通う場合、1年間でネイリストに必要な技術と知識がすべて取得でき、入学金と授業料は合計で98万円です(教材費は除く)。さらにはネイリスト技能検定の3級〜1級、ジェルネイル技能検定の初級〜上級など、主要なネイルの専門資格の合格保証制度付きです。

参考 アフロート美容専門学園:ネイル専科[1年間]コース紹介, 2019/12/9時点
https://school-afloat.com/tb/course/course_nail/

 

・まとまった時間を確保する必要がある

通常の学校と同様に授業時間は予め決められているため、通学のためのスケジュールを確保する必要があります。

2. 通信講座を利用する場合

スクールに通わず、通信講座を利用する手段もあります。

メリット

・スクールに比べて費用が安い

一般的にはテキストやDVD、道具が一式セットになっており、講師の人件費がかからないぶん、費用も安くなります。ジェルネイル検定1級とジェルネイル検定上級を通信講座で目指す場合、およそ30〜50万円程度かかるようです。講座は基本的に目的別に選択できるため、自分に必要な講座のみを受講して安く抑える方法も考えられます。

・自分のペースで勉強を進められる

通学する必要がなく、時間的融通が利きます。子育てをしながら、あるいは働きながらなど、一定の制約があるなかで勉強したい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

・技術修得に時間がかかる
直接講師から授業を受けて質問ができるわけではないので、自分の改善すべき点をその場で指摘してもらえず、実技対策がスクールと比べると甘くなってしまうおそれがあります。

・勉強のスケジュールを自己管理する必要がある

一緒に勉強する仲間や講師がいないぶん、通信教育では自身の学習ペースをしっかり管理し、着実に課題を消化していくことが必要となります。モチベーションを保ち続けることにも苦慮するかもしれません。

通信講座と通学制の詳細はこちらの記事もご参照ください。
▼通信講座でもネイリストになれる?通信のメリット・デメリット

3. 独学の場合

ネイルサロンでアルバイトスタッフとして勤務して経験を積むなどしながら、独学でネイリストになる手段も考えられます。

メリット

・費用が安い

授業料がかからず、道具と必要な書籍などを揃えればよいため、コストとしてはどの手段よりも安く抑えられるでしょう。目安としては数万円〜10万円以下で勉強を始められます。

デメリット

・上位資格の取得に難航する

たとえばネイリスト検定1級の取得難易度は高く、2019年秋期までの累計では37.5%でした。こうした資格試験には専門の対策をして臨むことが必要のため、独学での合格は非常に厳しいといえます。

・就職のサポートが受けられない

せっかく勉強して知識と技術を身に付けても、ネイルサロンに就職できなければ実践の場がなく、収入も得られません。独学の場合は自力で就職活動をしなければならず、苦労する可能性があります。

▼独学でネイリストになるのは難しい?メリットとデメリット

ネイリストになる前に知っておくべき基礎知識



最後に、ネイリストになる前に知っておきたい業界の基礎知識について簡単にお伝えします。

ネイリストの仕事内容

ネイリストはお客様へネイルケア、カラーリング、ネイルアート、リペアーなどの施術を行います。ネイルチップのデザイン制作も業務の一つです。また、気持ちのよい接客でお客様に寄り添い、気に入ってもらえるデザインを提供すること、美しく保つためのアドバイスをして差し上げることが求められます。

施術と接客のほか、開店準備や道具の手入れ、清掃、在庫確認や発注作業なども発生します。

ネイリストの給料

ネイリストの正社員としての年収は約326万円*1といわれており、日本女性の平均約386万円*2と比較すると低い傾向があります。しかし店長クラスに昇進したり、独立開業したり、その後のキャリアの選択次第では日本の平均を上回る収入も確保できます。ネイリストを目指す方は将来的な収入についてもイメージしておきましょう。

*1 求人ボックス 給料ナビ:ネイリストの仕事の年収・時給・給料情報
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

*2 国税庁:平成30年分民間給与実態統計調査結果について, 2019年9月発表
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm