アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリスト技能検定は何級まで取ればいい?まず取りたい3級も詳しく紹介!

プロネイリストになることを志している人はもちろんですが、セルフネイラーの中にもスキルアップを目指し、ネイルに関わる検定を受けたいと考える人も多いのではないでしょうか。

ネイリストとしてのスキルを問うための技能検定は一つだけではなく、実はいくつかの種類が存在します。

この記事では、それぞれの試験の違いについての説明、スタートアップとして取得したいネイリスト技能検定3級について詳しく説明します。

ネイル協会の概要と行っているネイリスト技能検定の種類は?

ネイリスト技能検定にはいくつかの種類がありますが、いずれも国家試験ではなく、民間資格に分類されています。主催している協会は3種類あるので、それぞれの概要や実施している検定試験について説明していきましょう。

JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)

JNECはJapan Nailist Examination Centerから頭文字をとったもので、日本語の正式名称は日本ネイリスト検定試験センターです。ネイリスト技能検定試験はもともとNPO法人日本ネイリスト協会が実施していたのですが、JNECはその検定試験事業を譲り受けて運営していく機関として設立されました。

つまり、JNECは2008年12月に新しく作られて以来、ネイリスト技能検定試験の実施や資格の認定を行っているのです。そして、2012年7月には内閣総理大臣から公益財団法人としての認定を受けることになりました。 ネイリスト技能検定試験は1級を最高として、1~3級までのグレードに分かれて実施しています。

JNA(NPO法人 日本ネイリスト協会)

1985年に設立されたJNA(日本ネイリスト協会)は、日本に健全なネイル産業を発展させていくスローガンを掲げて活動を続けてきました。ネイルの普及やネイリストのスキル向上を目指してネイルに関わる技能研修を開催し、資格認定などを行ってきたのです。

2006年4月には長年に渡る活動をベースとして法人格を取得し、特定非営利活動法人(NPO法人)日本ネイリスト協会としての 新しい一歩を踏み出しました。そんなJNAが実施している検定試験は、合計4種類あります。その一つがJNAジェルネイル技能検定試験です。

ジェルネイル技能検定は初級、中級、上級の3段階に分けて実施しています。さらに、国際的な立場からの活動として国際ネイリスト検定試験を行っていますが、こちらは2級と3級の2段階です。そのほかにも、JNA認定ネイルサロン衛生管理士JNA認定ネイルサロン技術管理者の資格制度を設けています。

INA(NPO法人 インターナショナル ネイル アソシエーション)

INA(インターナショナルネイルアソシエーション)は、ネイルスペシャリストたちの地位向上、および、ネイル業界の発展を目的として1999年に任意団体として設立されました。

発足後は技能検定試験の運営と共に、高齢者福祉サービスや障害者への技術支援などの活動を行い、2003年7月には特定非営利活動法人(NPO法人)として公益法人化されています。

INAが実施しているのは、ネイルスペシャリスト技能検定試験とジェルネイル技能検定試験の二つです。ネイルスペシャリスト技能検定試験は、試験がカバーしている課題によってA級、SA級、PA/AA/AAA級の3種類に分かれています。ジェルネイル技能検定試験も3種類あり、1級から3級までのグレード分けがされています。

JNECネイリスト技能検定の等級の違い

いくつかあるネイリスト技能検定の中で知名度が高いものといえば、やはり、JNECネイリスト技能検定試験といえるでしょう。JNECネイリスト技能検定を持っていると就職にも有利だと広くの認識されていますが、それぞれの級での合格率はどのようになっているのでしょうか。検定取得と収入の関係についても、合わせて説明します。

ネイリスト技能検定の合格率は?

JNECの公式サイトには、ネイリスト技能検定試験の受験者数や合格者数についてのデータが掲載されています。ネイリスト技能検定試験3級の合格率は80%前後となっていますが、級のグレードが上がるにつれて合格率は下がり、2級では40%前後1級になると35%前後になっています。

ちなみに2018年秋期までの累計では、1~3級のトータル合格率は60%とのことです。2018年秋期までに実施された検定のトータル合格者数は488.114名で、一方、1級合格者数はというと48.955名となっています。

つまり、ネイリスト技能検定試験1級に合格した人は、検定保持者のうちのわずか10%ほどだということになります。もし、ネイリスト技能検定を取得したネイリストのみが合計10人勤務しているサロンがあるとすると、その10人の中で1級を持っている人はたった1人だけだという計算です。

ネイリスト技能検定と給与の関係は?

ネイリスト技能検定と給与との間には、いったいどのような関係性があるのでしょうか。ネイリストの求人情報をまとめると、いくつかのパターンがみられます。

まずは、今までの経験年数によって給料や時給に差をつけるケースです。たとえば未経験者を0とすると、1年以上経験がある人は1万円加算され、2年以上では2万円プラスされるようなシステムがこれに当たります。

次に、取得している検定の級によって給料(固定給)が変わるケースです。この場合だと、級が1上がるごとに給料が2万円アップするようなパターンになります。そして、検定の保持者には、給料とは別に資格手当が支給される店舗もあります。一例を挙げると、検定1級保持者には3000円の手当てがもらえるようなシステムです。

給与体系はサロンによってそれぞれで、資格を重視してその分が加算されるところもあれば、経験年数を重視する店舗もあります。また、固定給にプラスして歩合制で給料が支払われるサロンもあるようです。

ネイリスト技能検定は1級まで必要?

ネイリスト技能検定は、必ず1級まで取得しなければならないものなのでしょうか。サロンにもよりますが、ネイリスト技能検定の3級に合格しているならば採用してもらえるケースもあります。

しかし、サロンに勤務しているスタッフ全員が、検定1級を取得したネイリストであることをセールスポイントにしているような有名店も存在します。もし、そのようなサロンのネイリストになりたいと希望しているのならば、当然、1級に合格することが必須になるでしょう。

また、将来は自分のサロンをオープンするという計画を立てていたり、お客さんからたくさんの指名をもらいたいと考えていたりする場合も、1級を取得するほうがベターです。もちろん、プロのネイリストとしてスキルを向上させたい人も、ネイリスト技能検定試験1級の合格を目指す道を進むほうがいいでしょう。

ネイリスト技能検定3級の注意点

ネイリスト技能検定を目指す人にとって、最初に通過するゲートとなるのはネイリスト技能検定3級です。そこでこの段落では、ネイリスト技能検定3級を取得する際に、あらかじめ知っておいたほうがいい注意点などについて説明します。

減点されないように注意する

ネイリスト技能検定の採点では、減点方式を採用しています。3級の実技試験には10の採点項目があって、それぞれが5点満点で採点される仕組みです。たとえば、良いと判断されれば5点で、合格ラインまでには少し不足している場合だと3点という具合に減点されていきます。

そのため、満点を取ろうという心構えで試験に臨むよりも、減点されないように注意する方向に意識をシフトさせることがポイントです。実技試験のチェックポイントの中には、事前準備をしっかりおこなうことでクリアできる項目もあります。

事前手入れなどは細心の注意を払って規定通りに実行し、減点を少なくすることが大切です。JNECの公式サイトでは、ネイリスト技能検定試験の実技採点基準を公開しています。試験前には念入りに目を通し、注意すべきチェックポイントを確認しておきましょう。

失格対象を確認しておく

気を付けなければならない重要なポイントに、失格対象となる事項があります。もし、ケアレスミスから失格対象となる行為をしてしまうと、検定合格への道が閉ざされてしまうことにもなりかねません。

基本的な事柄としては時間の厳守があります。開始時間までにモデルと共に着席していないと遅刻になり失格対象です。また、規定時間内に実技試験のすべての工程を終えることができなければタイムオーバーになるため、やはり失格対象です。

使用を禁止している用具や用材の持ち込みにも、気を付けなければなりません。ほんの不注意からテーブルにアートシールやドットペンがセッティングされていると、試験における失格対象になります。

緊張のあまりアートを施す手指を間違えてしまう、出血するほどのケガが発生しても失格です。さらに、私語などの無駄話が多い場合も、カンニングなどの不正行為とみなされるリスクになるので控えましょう。

まずはネイリスト検定3級を取得!ステップアップを目指していこう

ネイルに関する検定資格はいくつかあります。まだ資格を持っていない人はファーストステップとして、ネイリスト技能検定3級に挑戦してみてはいかがでしょうか。スキルアップを続けて段階を踏み、最終的には1級合格を手にすることも可能です。

等級が上がると独学での試験対策は難しくなりますが、その際にはどのスクールに通うのかも重要です。JNA認定校のネイルスクールを選ぶと、検定によってはカリキュラムの修了で実技が免除になります。また、定期的に開催される校内試験を受けることができれば、短期間のうちにスムーズに資格取得が可能になるためおすすめです。