アフロートネイルスクール 東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡
人気サロンAFLOATのネイル専門スクール

AFLOAT Nail School

アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

爪の形は主に5種類!ネイルを楽しむために押さえておきたい基本情報

爪の形は主に5種類!ネイルを楽しむために押さえておきたい基本情報

指先を美しく見せるネイル。デザインはもちろん大切ですが、爪の形も重要です。
爪を整える形によって印象が異なるだけでなく、似合うデザインも変わってきます。
日常生活のしやすさが変わることもあるため、自分の好みとライフスタイルを考慮しながら形を選びましょう。

そこで今回は、基本の爪の形について解説します。それぞれの特徴と整え方を覚えて、さらにネイルを楽しみましょう。

基本の爪の形は主に5種類!それぞれの特徴と整え方

基本の爪の形は主に5種類!それぞれの特徴と整え方

ネイルをする上で悩んでしまうのが爪の形。特にセルフネイルの場合、どのように整えたらいいのかわからず悩んでしまうという方もいるのではないでしょうか。
基本の爪の形は、大きく分けて5種類です。爪の形によって印象が変わるため、なりたいイメージに合わせて形を変えてみるのも良いでしょう。
こちらでは、それぞれの形の特徴やその爪の形がおすすめな人、整え方のコツをご紹介します。いつも同じ形に整えていてたまには違った形にしてみたい、手元の印象を変えたいとお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

1.ラウンド

ラウンドは全体的に丸みのあるデザインで、最も人気の高い形です。自然で柔らかな印象があり、強度があるため伸びても扱いやすく、セルフネイルでも整えやすいのが特徴です。また、ショートネイルも映える形となっています。自爪が大きく目立つ場合も、ラウンドに整えることで目立ちにくくなるでしょう。

ラウンドがおすすめな人

・自爪が大きく、小さく見せたい人
・より自然な形を好む人
・ショートネイルを楽しみたい人
・マニキュアを塗る人
・ネイルサロンへ通う間隔が開きがちな人
・自爪を伸ばしたい人
・可愛らしいデザインを楽しみたい人
などにおすすめです。

爪の形をラウンドに整える方法

エメリーボードを爪に対して90度になるように当てて長さを整えます。サイド部分もストレートに整えていきましょう。その後、角から中心に向かって丸く整えます。きれいなカーブを出すためには、エメリーボードを45度にして当てるのがポイントです。また、自爪の根もとと同じようなカーブをイメージして削るとスムーズです。

2.オーバル

オーバルはラウンドよりも長さがあり、爪先とサイドを少し丸っぽく整えた卵形です。
全体的に丸みがあるデザインで可愛らしさがありながらも、指が細長く見えるため大人っぽさもあります。ラウンドよりも若干シャープで、長さを出すと欠けやすくなってしまうため注意が必要です。

オーバルがおすすめな人

・初めてネイルをする人
・指の太さや短さが気になる人
・女性らしさを求める人
・自然な形に整えたい人
などにおすすめです。

爪の形をオーバルに整える方法

長さを整えたら、サイド部分の角を取っていきます。爪先に向かって卵形になるように丸みを出して、左右対称になるよう整えていきましょう。丸くしすぎないのがポイントです。

3.スクエア

スクエアは爪全体が四角形をしていて、爪先に角があるタイプです。ラウンドと並ぶほど人気のデザインで、フレンチデザインが似合う形をしています。スタイリッシュで爪が割れにくいというメリットがありますが、角があることから日常生活で不便を感じることもあります。

スクエアがおすすめな人

・爪をあまり伸ばせない人
・フレンチネイルを美しく見せたい人
・爪が弱く強度を重視する人
・派手な印象にしたい人
などにおすすめです。

爪の形をスクエアに整える方法

爪先とサイドにエメリーボードを垂直に当てて真っ直ぐ削ります。直線をイメージして削るのがポイントです。角は削るというよりも磨くイメージで整えると、削りすぎる心配がありません。

4.スクエアオフ

スクエアの角を削り丸みを出しているため、スクエアオフは少しやわらかな印象があるデザインです。スクエア同様爪が割れにくいというメリットがあります。また、爪表面の面積が広くなる分、ネイルアートが楽しみやすいでしょう。

スクエアオフがおすすめな人

・スクエアだと角が気になるという人
・爪をあまり伸ばせない人
・爪が弱く強度を重視する人
・ネイルアートを楽しみたい人
などにおすすめです。

爪の形をスクエアオフに整える方法

スクエアと同じように爪先とサイドを真っ直ぐに削り、その後角を少し削り丸みを出していきます。このときに注意したいのが、角を落としすぎないこと。丸っぽくしすぎてしまうと、ラウンドのようになります。

5.ポイント(アーモンド)

ポイントはオーバルよりも爪先を尖らせたデザインです。爪先がアーモンドのようにシャープに仕上がっているため、別名「アーモンド」とも呼ばれています。ポイントはより指先を細長く見せる効果がありますが、爪先に負担がかかりやすく爪が折れやすくなるというデメリットもあります。

ポイント(アーモンド)がおすすめな人

・指の太さや短さが気にな流ため細長く見せたい人
・長さを出したい人
・華やかなデザインを楽しみたい人
などにおすすめです。

爪の形をポイント(アーモンド)に整える方法

長さを整えたら、爪先中心に向かってサイドから整えていきます。オーバルよりも先端を細長く仕上げるのがコツです。

悩み別でご紹介!自分に合う爪の形とは

悩み別でご紹介!自分に合う爪の形とは

ネイルサロンで希望のデザインにしてもらったものの、「イメージと違った」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。実は同じデザインであっても、デザインを施す爪の形によって仕上がりの印象は大きく異なります。自爪の特徴によって似合う爪の形が異なるため、自分の爪に合う形を知っておくのがおすすめです。自爪に悩みがあり、どのような形が似合うのかわからないという方は、ぜひご参考にしてください。

爪が小さい

小さな爪に合うのはオーバルやスクエアです。爪が小さいとネイルが目立ちにくくなりますが、オーバルにすることで存在感を放ちつつも細長く見せることができます。また、スクエアに整えると爪の面積が広くなるため、アートをより楽しむことができます。立体感も生まれるので、爪が小さく存在感がほしいという方に向いている形と言えるでしょう。

爪が大きい

自爪が大きくネイルをすると爪が目立ってしまうという方には、ナチュラルな印象に仕上がるラウンドがおすすめです。ラウンドは、角がなく爪本来の形により近い形です。そのため、爪の大きさを目立たせないために短く整えた場合でも、ラウンドなら自然に美しく見えます。

爪の横幅が広い

爪の横幅が気になる方には、爪先を細長くするポイントがおすすめです。爪の横幅が広いとがっしりした男性的な印象になってしまいがちですが、ポイントの縦長デザインでシャープに見せれば横幅を目立たなくすることができます。また、指を細長く見せるオーバルも良いでしょう。

爪の形が平たい

自爪が平たい場合は、スクエアやスクエアオフがおすすめです。先端に丸みがないため「自爪の平たさが目立つのでは?」と思われがちですが、実は自爪が平たいからこそスクエアの形が映えるのです。平たく短い場合は、ある程度長さを出すことできれいに見えます。

爪が割れやすい

爪が弱く割れやすいという方は、強度のあるスクエアやスクエアオフがおすすめです。爪先が真っ直ぐで面積が広くなる分、一箇所に負担がかかりにくくなります。この結果、爪を割れにくくすることができます。家事や仕事などの際に爪の引っかかりが気になる場合は、角を丸くしたスクエアオフが良いでしょう。

自分に合う爪の形を知ってネイルをきれいに仕上げよう

ネイルを施して指先を美しく見せるためには、爪の形状による違いを把握しておくことが大切です。「ラウンド」「オーバル」「スクエア」「スクエアオフ」「ポイント(アーモンド)」はそれぞれ仕上がりの印象や特徴が異なるため、ネイルの前にチェックしておきましょう。それぞれの特徴を知ることで、自分に合った爪の形がわかるだけでなく、自爪の悩みをカバーする形を見つけることができます。
また、爪の形によって生活のしやすさが変わることもあるため、ライフスタイルに合わせて形を選ぶことも大切です。自分に合う爪の形を見つけてネイルを楽しみましょう。

ネイリストを目指すなら!アフロートネイルスクールdouble_arrow

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

ネイル業界学費支援制度導入

授業料
最大
50%免除

各校舎申込先着15名限定!

各校舎申込先着15名限定!

キャンペーン期間9/4(日)まで

8月・9月生募集中!!

\ 時短&顔出し不要! /オンライン説明会
も実施中!

スクール見学・説明会の
お申し込みはこちらkeyboard_arrow_right
mvline

全国に22校舎で開講中