アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリストには資格なしでもなれる?ネイルサロンへの就職や開業への疑問を解決

お客様に美しいネイルを提供するネイリストの仕事は、多くの方の憧れの職業の一つ。ネイリストとして働くためには、資格を取得しなくても良いのでしょうか。また、資格の有無は給料や開業の有利・不利に影響するのでしょうか。
本記事ではネイリストには資格なしでもなれるものなのか、また就職・開業時の資格取得の必要性についてご説明します。

ネイリストには資格なしでもなれる?ネイルサロンへの就職や開業への疑問を解決

ネイリストの資格取得は必須ではない

はじめに、ネイリストとして働く上で、資格取得が必要なのかについてお伝えします。結論からお伝えすると、資格取得は必須ではありません。
たとえば美容師であれば、美容師免許が必要とされるため、国家資格を取得しなければ美容師になることはできません。ネイリストの場合はそのような規定はないため、資格なしでも働くことが可能とされています。

実際に資格なしでも働ける求人があるのか

しかし規定がないとはいえ、本当に資格なしでもネイルサロンで働けるのか、実際はどうなのか気になるところかと思います。資格なしでも働ける求人は存在するのでしょうか。

技術力や経験があれば可

「資格なし可」のネイルサロンも実は多く、求人サイトなどで探すと、「未経験可」「無資格可」のサロンも見つけることができます。入社後に研修が用意されているネイルサロンもあり、たとえ経験がなくてもネイルが好き、接客の仕事がしたいなど、ネイルサロンで働くモチベーションがあれば迎え入れてくれる環境もあるのです。

給料を考えるなら資格取得がおすすめ

ただし、やはり技術力の証明がなければ、実際にお客様に施術をするために技術を身に付ける訓練期間が必要となります。未経験可、資格なし可の求人は、ネイルサロンのアシスタント業務から入ることが一般的で、雇用形態もアルバイトが多いものです。実務経験を積む中で昇給は見込めますが、給料アップを考えるのであれば、ネイルに関する専門的な知識・技術を持ち合わせている証明となる資格を取得しておくほうが望ましいといえます。

また、中には資格取得をサポートしてくれるようなネイルサロンもあります。ネイルサロンへの就職を考える場合には、求人票をよく確認し、どのような研修制度があるのか、また自分の置かれている環境や希望とマッチするのか検討しましょう。

ネイリストの資格取得は必須ではない

ネイルサロンを開業するために資格は必要か

次に、ネイルサロンを開業するための資格取得の必要性についてご紹介します。こちらの場合も前述の通り、資格取得は必須ではありません。ここでは資格なしでネイルサロンを開業するメリットとデメリットについてそれぞれご紹介します。

資格がない場合のデメリット

先に、資格を持たない場合のデメリットについてお伝えします。
最も大きなデメリットは、お客様に信用されにくいという点です。いざ資格なしの人か、有資格者か、どちらのネイルサロンへ行きたいかと問われれば、一定の技術力が証明されている有資格者のネイルサロンを選びたい気持ちになるのではないでしょうか。

家族や友人など、あなたのことをよく知る身近な人であれば、資格の有無は気にしないかもしれませんが、新規顧客を獲得していくことを考えれば、やはり信頼性という意味で資格保有は重要となります。

資格がある場合のメリット

もしも資格を保有していれば、それ相応の知識・技術力を持っている証明となります。ネイルサロンのウェブサイトや集客のための広告に、そのことを掲載して宣伝することができます。お客様があなたのお店を選ぶ動機の一つとなり得るでしょう。
特に最近ではネイルサロンの衛生管理なども重要視される時代になってきているため、サロンの衛生管理に関する資格なども保有していれば、よりお客様に安心感を与えることができます。

ネイルサロンを開業するために資格は必要か

取得しておくと良いネイル関連資格とは

最後に、ネイルサロンへ就職したり、ネイルサロンを開業したりする場合に、保有しておくと良いおすすめのネイル関連資格をまとめてご紹介します。

ネイル検定

ネイル検定とは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が認定する資格で、正式名称をネイリスト技能検定試験といいます。実施24年目を迎え、過去約86万人が受験している歴史のある資格です。1級を最高級とし、2級、3級までの3段階に分かれています。いずれも実技試験と筆記試験が課されます。

2級がサロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識を問う内容となっており、ネイルサロンでプロとして働く基準と考えられている資格です。飛び級はできないため、まずはベーシックな3級から取得する必要があります。

▼ネイル検定は何級まで取得すればいい?まずは取りたい3級
▼ネイル検定3級とは?試験概要とポイント
▼ネイル検定2級合格の鍵は時間配分?試験手順と各工程のポイント解説
▼ネイル検定1級合格へ!試験手順と各工程のポイント解説

ジェルネイル検定

ジェルネイル検定とは、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が認定する資格で、正式名称はJNAジェルネイル技能検定試験といいます。近年ジェルネイルの需要が非常に高まっているため、ネイル検定と合わせて取得しておきたい資格です。上級を最高級とし、中級、初級と3段階に分かれています。ネイル検定と同様、実技試験と筆記試験が課されます。

中級がネイルケアとジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な知識と技術の修得を証明する内容となっています。飛び級はできないため、初級から順に取得しましょう。

▼ジェルネイル検定とは?ネイル検定との違いや試験概要
▼ジェルネイル検定初級とは?合格のポイントも解説
▼ジェルネイル検定中級に合格するには?試験概要・コツ

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士とは、ジェルネイル検定と同じく、JNAの認定資格です。JNAが制定した「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンの現場で正しく活用するために設けられた役割を担う資格です。

この「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」とは、ネイルサロンの衛生管理に関するガイドラインです。過去にネイルサロンの衛生状態の悪化がお客様の健康問題へ影響を与えたことが社会問題になり、安全・安心なネイルサービスを提供するネイルサロン環境を構築することを目指したガイドラインとなっています。

ネイルサロン衛生管理士の資格は、事前に約180分間の講習会を受講し、約20分間の筆記試験に合格することで資格取得ができます。

▼ネイルサロン衛生管理士とは?求められる技能や資格への需要

資格を取得するならアフロートネイルスクールへ

ネイリストとして働くためには、資格なしでも良いものの、資格取得するメリットは大きいと思われたのではないでしょうか。
アフロートネイルスクールでは、全くの未経験の方でも、資格を取得してネイリストになれるような学びの場を提供しています。前述のJNA認定校であり、検定試験対策もばっちりです。現場で活躍できるネイリストを目指しませんか?コースの詳細など、詳しくはお問い合わせください。

本気でネイリストを目指すならアフロートネイルスクールdouble_arrow

全国に15校舎で開講中