アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

フレンチネイルとは?ジェルネイルとの違いや種類・名前の由来を解説



フレンチネイルといえば、ネイルアートのまさに王道とも言うべき人気のデザイン。セルフネイルでもまずはフレンチネイルから始めるという方も少なくありません。シンプルで上品だからこそ、他のネイルアートと組み合わせるなど、いろいろなバリエーションが楽しめます。

この記事ではフレンチネイルとはどのようなネイルなのか、ジェルネイルとの違いに触れながら解説します。また、フレンチネイルには「ダブルフレンチネイル」や「ハーフフレンチネイル」といった種類があるため、そのようなフレンチネイルの応用的なデザインも種類別にまとめてご紹介します。

フレンチネイルはデザイン、ジェルネイルは素材

フレンチネイルとは、一般的には爪のピンクの部分に透明なクリアネイルを塗り、爪先部分にホワイトのカラーを施したネイルのデザインをいいます。ナチュラルながらも爪の色をより美しく見せるデザインで、シンプルで上品な雰囲気に仕上がる特徴があります。オフィスネイルとして好まれている方も多いデザインです。

よくフレンチネイルとジェルネイルが混同されがちですが、ジェルネイルとはデザインではなく素材を指しています。ジェルは樹脂の一種であり、UVライトを当てて硬化させることのできる素材です。フレンチネイルを施術するにあたって、ジェルを使用したり、マニキュアを使用したりします。

なぜ「フレンチ」?実はフランス発ではなかった

フレンチネイルと聞くと、フランスが発祥なのではないかと思われがちですが、実はアメリカが発祥といわれています。

おしゃれに敏感なフランス人女性の多くは、自然体のネイルが健康的で美しいと考えており、ネイルにカラーリングをしたりアートを施したりをする習慣がありませんでした。その自然体の美しいネイルを見たアメリカの方が、フランス人のシンプルで美しい素のままのネイルを真似てデザインを施し、フレンチネイルと呼ぶようになったのが始まりといわれています。

まさに「シンプル・イズ・ベスト」の発想から生まれたデザインですが、今ではラメやストーンなどのパーツとの相性の良さから、様々なデザインへと発展していきました。

フレンチネイルは種類が豊富!あなたのお好みは?

一般的なフレンチネイルはクリアとホワイトのデザインとお伝えしましたが、今では幅広い種類のカラーや形で親しまれるようになりました。フレンチネイルは加工の幅を広げやすく、バリエーションが豊富に展開されています。フレンチネイルの応用デザインをご紹介します。

カラーフレンチネイル



クリアとホワイトではないカラーの組み合わせで施されたフレンチネイルは、カラーフレンチネイルと呼ばれます。こちらもシンプルさを維持でき、オフィスネイルとしても人気のあるデザインとなっています。

ネイルサロンでどんなネイルにしようか迷ったときには、その季節に合うカラーフレンチネイルをしてもらうとよいでしょう。ピンクなどは春のみならず年間を通じてよく利用されますが、たとえば夏であればターコイズブルー×ベージュや、イエロー×ホワイトなど、リゾート感・ハッピーな雰囲気のあるネイルに、秋であればカーキ、アースカラー、ボルドーなど、いつもとは違うカラーに挑戦してみると、気分を変えて楽しめます。

ダブルフレンチネイル



定番のフレンチネイルではものたりないと感じる方にご提案したいのは、フレンチが二重になったダブルフレンチ。同じデザインでもカラー選びで雰囲気が大きく変わります。初心者はホワイトとピンクなど、同系色の組み合わせでまずは実践してみましょう。

逆フレンチネイル



爪の付け根のハーフムーン(白くなっている部分)から指先にかけて、ベースカラーとは違うカラーリングを施すタイプのフレンチネイルは、逆フレンチと呼ばれています。爪が伸びてきても目立ちにくく、また短い爪でも楽しめる特徴があります。カラーの部分の面積が広く、お好みで派手にもシンプルにも表情を変えられます。

ひし形フレンチネイル



爪先のカラーを塗る部分をハート型や丸型にするなど、フレンチネイルの形状をアレンジしたネイルを変形フレンチネイルといいます。写真のようにひし形の形状をしたネイルは、ひし形フレンチネイルと呼ばれているデザインです。クールで大人なイメージに仕上げることができます。

ハーフフレンチネイル



爪先のカラーを、爪先だけでなく爪の半分程度まで塗ったデザインは、ハーフフレンチネイルと呼ばれます。こちらも変形フレンチネイルの一種です。ショートネイルにもぴったりな可愛らしいデザインのため、爪が短くてお悩みの方に特におすすめです。ベースカラーにもカラーを入れるパターンもあります。

斜めフレンチネイル



ハーフフレンチネイルでは爪の半分までを真っ直ぐに塗りましたが、そのときの塗り方を斜めの形状にすると、少し大人びた印象に変わります。これが斜めフレンチネイルです。指をきれいに上品に見せる効果も期待できます。

スキニーフレンチネイル

指先のカラーを塗る幅をグッと狭くし、細いラインで仕上げるフレンチネイルはスキニーフレンチネイルと呼ばれます。華奢でエレガントなイメージに仕上がるため、指を細く長く見せる効果も期待できます。

アレンジ次第で変幻自在!もっと上達したいならネイルスクールへ

このように、フレンチネイルのデザインは奥が深く、様々なバリエーションが楽しめます。今まで試したことのなかった種類のフレンチネイルにも挑戦して、デザインの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

ネイルアートの腕をもっと磨きたい、フレンチネイル以外にも、キャラクターアートや3Dアートなどのデザインも上手にできるようになりたいとお考えの方は、ネイルスクールを活用するのも手段の一つとなります。日本全国に14校舎を展開するアフロートネイルスクールでは、プロのネイリストになるためのきめ細やかなカリキュラムが組まれており、講師から丁寧な指導を受けられます。独学でネイルを勉強するよりも早く上達するだけでなく、ネイルサロンで即戦力として活躍するためのスキルを確実に養うことができます。

好きなネイルでもっとスキルアップをしたいという気持ちをお持ちであれば、趣味で終わらせてしまうのはもったいないので、まずは一度ネイルスクールの資料請求をしてみてください。

アフロートネイルスクールの公式サイトはこちら
https://school-afloat.com/nail/