アフロートネイルスクール 東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡
人気サロンAFLOATのネイル専門スクール

AFLOAT Nail School

アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイルに欠かせないトップコートとは?きれいに塗るコツや選び方を伝授

ネイルに欠かせないトップコートとは?きれいに塗るコツや選び方を伝授

セルフネイルでマニキュアを塗る際、カラーポリッシュのみで済ませているという方もいるのではないでしょうか。商品によってはカラーポリッシュのみでも問題なく塗ることはできますが、基本的にカラーポリッシュのみだと持ちや仕上がりが悪くなるため、仕上げにトップコートを塗るのがおすすめです。

そこで今回は、ネイルに必要なトップコートの概要とネイルの手順、トップコートの選び方などをご紹介します。セルフネイルをより美しく仕上げたい、ネイルの持ちを少しでも長くしたい、とお考えの方はぜひご参考にしてください。

ネイルで必要なトップコートとは?

ネイルで必要なトップコートとは?

トップコートは爪の表面にツヤを出すだけでなく、ネイルの強度を高めて持ちを良くするという目的で塗るものです。アートを施したネイルを保護する役割もあります。そのため、基本的にマニキュアを塗ったあとはトップコートは必須と考えておきましょう。トップコートを塗ったときと塗らなかったときでは、ネイルの持ちがまったく異なります。

また、トップコートと似たものとしてベースコートがあります。それぞれ同じような成分でできていますが、トップコートはツヤを出して衝撃から保護する、ベースコートには自爪とカラーポリッシュの密着性を高めるという異なる役割があるのです。
メーカーによってはベースコートとトップコートの2役をこなすものもありますが、それぞれ役割が異なるため別で用意するのがおすすめです。

トップコートを使うタイミングは?一般的なネイルの手順をご紹介

では、トップコートはどのタイミングで使うのが良いのでしょうか。一般的なネイルの手順とともにトップコートを使うタイミングをご紹介します。

1.下準備をする

まずはファイルなどの爪やすりで自爪の長さと形、表面の凹凸を整えて甘皮を処理します。その後、除光液や消毒用エタノールを少量コットンに取り、爪の表面に付いた油分や汚れを除去します。この工程を丁寧に行うことで、ネイルの密着性と持ちがアップするのです。

2.ベースコートを塗る

次にベースコートを塗っていきます。たっぷりと塗りすぎると乾燥時間が長くなるだけでなく、ヨレや剥がれの原因となるため、一度で薄めに塗るのがポイントです。ボトルのふちで筆をしごいて、筆の片側にのみ液を付けて塗りましょう。爪の先端部分(エッジ)を先に塗ることできれいに仕上がります。その後は、爪表面の中央を根元から爪先へ、サイド部分を根元とから爪先へ塗っていきます。

3.カラーポリッシュを塗る

ベースコートが乾いたら、カラーポリッシュを塗っていきます。ベースコートと同様、一度に塗布する量が多いとヨレや剥がれの原因となるため、ボトルのふちで筆をしごいてポリッシュの量を調整してください。塗り方としてはベースコートと同じです。

4.トップコートを塗る

トップコートは、カラーポリッシュを塗り終えてしっかりと乾燥させたあとに塗布します。乾燥が不十分だとカラーポリッシュやアートがヨレてしまうことがあるため、しっかりと乾燥させることが大切です。トップコートは、ベースコート・カラーポリッシュと同じ要領で塗りましょう。より強度がほしい場合は、トップコートを重ね塗りしてください。

トップコートをきれいに塗るコツ

仕上げにトップコートを塗ることでネイルが美しく仕上がりますが、ただ塗れば良いというものではありません。実は、トップコートの塗り方ひとつで仕上がりに大きな差が生まれます。よりきれいに仕上げるためにも、トップコートを塗る際のコツを覚えておきましょう。

カラーポリッシュが乾いてから塗る

カラーポリッシュが乾かないうちにトップコートを重ねると、トップコートにカラーポリッシュが混ざってヨレてしまう原因になります。アートを施している場合は、アートが滲んでしまうこともあります。美しく仕上げるためにも、カラーポリッシュをしっかりと乾かしてからトップコートを塗りましょう。

塗るときは時間をかけず一気に塗る

トップコートを塗る際に時間をかけすぎてしまうと、表面が乾いてきてしまうため凹凸ができて仕上がりが悪くなってしまいます。そのため、トップコートを塗るときはあまり時間をかけずに一気に塗るようにしましょう。重ね塗りをするときは、1回目のトップコートをしっかりと乾かしてから同じ要領で塗ってください。

押さえておこう!自分に合うトップコートの選び方

押さえておこう!自分に合うトップコートの選び方

一言でトップコートと言っても、さまざまなタイプがあります。必ずしもベースコートやカラーポリッシュと同じメーカーを選ぶ必要はなく、好みの仕上がりなどで選んでも問題ありません。トップコートの選び方は、下記をご参考にしてください。

理想の仕上がりで選ぶ

トップコートの仕上がりは「ツヤタイプ」「マットタイプ」「ジェルネイルタイプ」の3つに分けられます。それぞれ仕上がりの質感が異なるため、理想とする仕上がりをイメージして選びましょう。

ツヤタイプ

光沢感を求めるならツヤタイプを選びましょう。ほとんどのトップコートがツヤタイプになっていて、カラーポリッシュの色を引き立てて、華やかな印象に仕上げます。潤いとツヤを感じる仕上がりが好みの方におすすめです。

マットタイプ

個性的なこなれた印象を求めるならマットタイプがおすすめです。まるですりガラスのような柔らかい質感になります。派手なカラーでもマットタイプのトップコートを重ねることで、大人っぽい印象に仕上げることができるでしょう。

ジェルネイルタイプ

ジェルネイルのようなぷっくりとした仕上がりにしたい場合は、ジェルネイルタイプがおすすめです。マニキュアでありながらもジェルネイルのような質感になるため、「すぐに落とす必要があるためジェルネイルはできないけどツヤや厚みがほしい」という方に向いています。

塗りやすさで選ぶ

メーカーによってハケの形状やテクスチャーが異なるため塗りやすさも変わってきます。
たとえば、ハケには丸型と平型があり、長さ、柔らかさなども違います。フィット感や塗りやすさを重視するなら平型のハケが付いたトップコート、厚みを出したいなら液をたっぷりと含むことができる丸型のハケが付いたトップコートを選ぶのがおすすめです。ハケの長いものは大きい爪や長い爪、ハケが短いものは小さな爪に向いています。
また、テクスチャーは粘度が低いほど塗り心地がさらっとしているため初心者でも塗りやすいでしょう。粘度が高いものほど厚みが出やすくなります。

機能性で選ぶ

トップコートには速乾タイプやベースコートと兼用できるものなどさまざまなタイプがあります。ベースコート・カラーポリッシュ・トップコートを重ね塗りするとどうしても時間がかかってしまうため、時短したい方には速乾タイプが向いているでしょう。最短1分ほどで乾くタイプも販売されています。ベースコートとトップコートを使い分けるのが面倒な方は兼用タイプが良いでしょう。
また、自爪をケアしながらネイルを楽しみたい方には、アルガンオイルやアミノ酸などの美容成分が配合されたものがおすすめです。トップコートを選ぶ際は、自分が求める機能が備わっているかどうかをチェックして選びましょう。

トップコートを使ってきれいなネイルを維持しよう

トップコートにはツヤを出して衝撃から爪を守りネイルの持ちを良くするという役割があります。そのため、きれいなネイルを長い間維持したい場合は、仕上げにトップコートの塗布が欠かせません。ベースコート・カラーポリッシュを塗って乾かしたあとは、仕上げに必ずトップコートを塗布するようにしましょう。また、2〜3日置きにトップコートを重ねることで、マニキュアの持ちを長くすることができます。

今回ご紹介したように、トップコートと一言で言ってもさまざまな種類があります。自分に合うトップコートを選ぶためにも、仕上がりの質感や塗りやすさ、機能性を考慮しましょう。何度も使うものだからこそ、ストレスなく使えるトップコートを探してみてください。

ネイリストを目指すなら!アフロートネイルスクールdouble_arrow

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

ネイル業界学費支援制度導入

授業料
最大
50%免除

各校舎申込先着15名限定!

各校舎申込先着15名限定!

キャンペーン期間9/4(日)まで

8月・9月生募集中!!

\ 時短&顔出し不要! /オンライン説明会
も実施中!

スクール見学・説明会の
お申し込みはこちらkeyboard_arrow_right
mvline

全国に22校舎で開講中