アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

フットケア理論検定試験とは?受験資格から試験内容までを解説

ネイル関連の資格としては、ネイル検定やジェルネイル検定などの資格がよく知られています。しかしプロのネイリストとして働くのであれば、フットケアに関する知識を身に付けることも大切です。フットケア領域の資格としては、JNA(日本ネイリスト協会)が認定するフットケア理論検定が挙げられます。
本記事ではフットケア理論検定の内容や試験の難易度、合格するための方法をお伝えします。

フットケア理論検定とは

JNAフットケア理論検定試験とは、ネイリストがプロとしてサロンワークでフットケアを施術するために必要な知識・技術を証明する資格です。理論を問う試験であり、実技試験はありません。ネイリストがネイルサロンで行う、足の爪とその周辺の肌などに対するケアによって、お客様の美と健康に寄与する健全なフットケアの普及を目的として誕生しました。

フットケア理論検定の試験概要

それでは、フットケア理論検定の受験資格や内容など、試験概要をお伝えします。

受験資格

フットケア理論検定はお客様に対してネイルの施術をするための基礎的な技術を既に身に着けている方を対象としており、受験資格としては以下の資格のいずれかを取得している必要があります。

・ネイリスト技能検定試験(JNEC):3級以上
・JNAジェルネイル技能検定試験:初級以上
・JNA国際ネイリスト技能検定試験:3級以上

試験申込の際に合格認定番号を記載することになります。

受験料

フットケア理論検定の受験料は、一般会員の場合は8,800円(税込)で、JNAの会員やJNA認定サロンのスタッフ、JNA認定校の在校生・卒業生であれば6,600円(税込)で受験できます。
なお公式テキスト『JNAテクニカルシステム〜フットケア〜』の購入費用は3,300円(税込)が別途かかります。全国のJNA認定校、ネイルショップなどで購入できます。

試験内容

受験内容は講義形式のセミナーを受講した上で、筆記試験が実施されます。セミナーはフットケアについての理論を約2時間で学び、その後マークシート方式で30分間の筆記試験が行われます。
筆記試験の出題範囲は公式テキスト『JNAテクニカルシステム〜フットケア〜』とされています。大きくはフットケア基礎理論とフットケア技術に分かれており、具体的には次のような内容を学びます。

フットケア基礎理論

フットケア技術

・フットケア概論
(フットケアの歴史など)
・足の構造と名称
・皮膚科学
・解剖生理学
・足のトラブル
・爪の皮膚や病気とトラブル
・衛生管理と消毒法
・フットトリートメント理論
・フットカウンセリング

・用具・用材と使用目的
・フットケアのステップ
・基本的なセッティング
・足浴、消毒、カウンセリング
・ポリッシュオフ、ジェルオフ
・ファイリング
・クリーンナップ
・角質ケア
・フットトリートメント
・ポリッシュカラーリング
・ジェルカラーリング

持ち物

公式テキストはセミナーで使用するため、試験当日に持参する必要があります。購入したことを証明する必要があり、受験申込時に公式テキスト裏表紙の内側に印字されているシリアルナンバーを伝えるので覚えておきましょう。1つのシリアルナンバーで受験できるのは1人のみ。誰かが受験済みの中古のテキストは使用できないため注意してください。

また筆記用具を忘れると減点対象となります。鉛筆か、HBまたはBのシャープペンシル、消しゴムを用意しましょう。ボールペン(消せるボールペン含む)やサインペンは使用不可です。

その他、受験票は試験当日に会場で渡されます。また、飲み物の持ち込みは認められています。

参考:https://www.nail.or.jp/media/pdf/kentei/foot_ex_2020.pdf

試験会場

試験は全国のJNA認定校で随時開催されています。ただし2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、延期や中止など不規則になっています。最新の情報はJNAの公式サイトなどでご確認ください。

参考:https://www.nail.or.jp/kentei/f_kentei/seminar.html

試験の難易度や合格基準

最後に、フットケア理論検定の合格基準や難易度についてご紹介します。

合格基準

フットケア理論検定はセミナーを受講し、筆記試験の得点が100点満点中80点以上で合格となります。合格者には合格証書(ディプロマ)が発行されます。
試験開始時刻に遅刻した場合は受験できないため、事前に会場までのアクセス方法・交通機関を調べ、時間に余裕を持って試験に臨みましょう。

合格率・難易度

8割以上で合格と聞くと難しそうに聞こえるかもしれません。フットケア理論検定の合格率は公表されていないため正確な数はわかりませんが、先に座学の講義を受けてからその内容が出題されるとあって、難しくはないといわれています。

ただし、事前に公式テキストを読まずに講義だけを受けて合格しようとするのは難しいでしょう。公式テキストは全84ページあり、さっと読み切れる量ではありません。セミナーでは講師の先生が出題されるポイントを押さえて教えてくれるので、事前に公式テキストに何度か目を通しておき、当日講義を受けながら内容を確認するつもりで臨みましょう。

ネイルスクールに通ってフットケアの技術を磨こう

フットケア理論検定に合格することでフットケアに関連する専門知識が身に付き、ネイルサロンの現場でさらに活躍できるネイリストとなれることでしょう。ただし、フットケア理論検定はお伝えした通り「理論」を問うもので、実技試験がないことから、ネイルサロンで必要とされるフットケアの実践的なスキルも合わせて身につけたいということであれば、ネイルスクールに通うことをおすすめします。

JNA認定校であるアフロートネイルスクールでは、フットケアはもちろん、ネイルケアやネイルアートの実践力が身に付くカリキュラムが組まれています。たとえば教室で行う授業のほか、スチューデントネイルサロン研修という、在学中からサロンワークが経験できる授業が行われていることでも知られています。あなたもアフロートネイルスクールで、プロのネイリストを目指しましょう。

本気でネイリストを目指すならアフロートのネイルスクールへdouble_arrow