アフロートネイルスクール 東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道/九州
人気サロンAFLOATのネイル専門スクール

AFLOAT Nail School

アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリストの仕事は何歳まで続けられる?年齢に応じた働き方とは

ネイリストの仕事は何歳まで続けられる?年齢に応じた働き方とは

ネイリストを目指す方、ネイリストとして既に働いている方は、先々まで長くネイリストとして働き続けるイメージを持てていますか? ネイリストの仕事は体力勝負な部分もあるので、40代、50代以上になっても働き続けられるのか、不安を抱く方もいるかもしれません。
そこで本記事では、ネイリストの仕事は何歳まで続けられるものなのか、また年齢に応じた働き方の選択肢をご紹介します。

ネイリストは何歳まで働ける?

はじめに、ネイリストの仕事が何歳まで続けられるものか、一般的な見解としてお伝えします。

体力・気力次第で何歳まででも働ける

ネイリストは専門的な技術を要する仕事。「手に職」と言う表現ができるように、ネイルケア、ネイルアートの知識・技術を身に付けていれば、ネイリストは年齢を重ねても働き続けることのできる職業です。ネイルサロンによっては定年制が設けられているかもしれませんが、たとえばホームサロンを自分で開業する場合は年齢を理由に辞める必要がありません。自分の体力、気力が続く限りは、何歳まででも続けられる仕事です。

ネイリストの年齢層

ネイリストとして働いている方の年齢層として多いのは、20代〜30代になっています。しかし、前述したようにホームサロンを開業すれば定年はないため、60代でも現役ネイリストとして働く方もいます。また、中高年をターゲットにしたネイルサロンもあり、そうしたネイルサロンで働くスタッフは、やや高年齢層が多くなります。

キャリアを重ねた方のほうが技術が安定していて安心感もあるので、年齢はデメリットばかりではありません。

40代でネイリストを始める方も

ネイリストの年齢のボリュームゾーンは20代〜30代とお伝えしましたが、その年齢層は結婚や出産などで、ライフスタイルが変化しやすい年代でもあります。子育てが一段落してから夢だったネイリストを目指すためにネイルの勉強を始めようと、40代になってから一念発起しネイルスクールに通ってネイリストになる方もいます。

>>>併せて読みたい!40代でも間に合う、ネイルスクールに通ってネイリストになる方法

年齢が上がるとつらくなってくるサロンワーク

一方で年齢が上がると、特に体力的な部分での変化が生じてくることも事実。具体的には次のようなサロンワークは、若いうちは平気でも、年齢を重ねるとつらいと感じられるようになるといいます。

長時間身体を使う仕事

サロンワークは体力勝負。お客様がひっきりなしに訪れるネイルサロンでは、長時間労働が常態化することもしばしば。若いうちは乗り越えられても、年齢が上がると身体がきつく感じることがあります。

神経を使う細かい仕事

また、40代〜50代になると視力が低下してくるため、神経を使う細かい作業が苦手になることがあります。ストーンやラメなどの細かいパーツの取り扱いや、細筆で繊細なイラストを描くことなど、神経を使う仕事が難しく感じられることもあります。

若いお客様向けのデザインの仕事

流行は時代によって大きく変わるため、自分の世代では良いデザインとされたものが、若いお客様には受け入れられないことも起こり得ます。価値観や美的基準の異なるお客様から要望を引き出す難易度は上がるため、常にアンテナを張って流行をキャッチする姿勢を持ち続けていきたいものです。

40代以上になっても活躍できる働き方

40代以上になっても活躍できる働き方

それでは40代以上になってもネイリストとして活躍するためには、どのような働き方があるでしょうか。ネイルサロンで働き続ける以外にも道はあるので、40代以上のネイリストに考えられる選択肢をご紹介します。

ホームサロン開業

自らが経営者となってネイルサロンを開業する場合、営業時間やお店の立地も自分で選択できるため、ネイルサロンに就職して働くよりも良い環境で働き続けることができます。経営、と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、ネイリストで開業を目指す方は多く、自宅の一室を使って開業するケースは比較的一般的です。

>>>併せて読みたい!自宅ネイルサロン開業に必要な準備と費用
>>>併せて読みたい!ネイルサロン経営、売上はどのくらい?
>>>併せて読みたい!ネイルサロンの開業は失敗しやすい?その理由と成功するためのポイント

ネイルの講師(指導役)

また、ネイルスクールやネイルセミナーの講師も、時間の都合が付けやすく、収入も比較的安定するので、働きやすい仕事の一つです。
JNA認定講師の資格を取得すると、ネイルスクールやネイル専門学校で講師として働いたり、あるいは自らネイルスクールを開校したりもできるようになります。

自分がネイルを提供する現場で働くイメージが大きいかもしれませんが、講師として自分の大好きなネイルの仕事を多くの方に知っていただくことも、また新たなやりがいを感じられることでしょう。

>>>併せて読みたい!JNA認定講師試験とは?試験内容から合格率まで解説

YouTuberや美容系ライター

ネイリストの中には美容系YouTuberやライターとして活躍する方もいます。フリーランスで働く方が多いと思いますが、この場合も自分の都合のいい時間に働けたり、年齢的な壁を感じずに働けたりできるということがメリットとなります。

>>>併せて読みたい!ネイリストがフリーランスで活躍するには

ネイルスクールの活用で何歳まででも働けるネイリストへ

ネイルスクールの活用で何歳まででも働けるネイリストへ

ここまでにご説明した通り、ネイルサロンでの仕事にこだわらなければ、ネイリストは何歳になっても働き続けやすい仕事といえます。ある程度の年齢になってからネイリストを目指す場合は、ネイルスクールを活用すると良いでしょう。
ネイルスクールを活用するメリットは次のとおりです。

目的やライフスタイルに合った選択肢が豊富

ネイルスクールは、自分が学びたい目的やライフスタイルに合った学び方の選択肢が豊富に用意されています。美容専門学校に通う場合には、基本的には2年間学ぶことになりますが、ネイルスクールの場合にはネイルに特化した知識を学ぶため、数ヶ月〜半年間などのさまざまな期間が設定されています。資格取得を目指すコース、ホームサロン開業を目指すコースなど、目的に応じた選択肢にも幅があります。

時間に制約があっても集中して短期間で学べる

目的を絞っている分、短期間で集中して学べることも大きな魅力です。ある程度の年齢になると、他に仕事をしていたり、子育て中であったりと、何かと時間的な制約が多いと思います。しかし、ネイルスクールであれば、自分が学びやすい時間を見つけて、大好きなネイルの知識・技術を身に付けることができます。

資格取得でスキルを証明しやすい

通うネイルスクールによって違いはありますが、比較的資格取得がしやすいようにカリキュラムが組まれており、卒業後は即戦力として働ける実力を身に付けられるようになっています。たとえばアフロートネイルスクールであれば、検定試験の合格保証制度が設けられているので、着実に実力を身に付けたい方におすすめの学び方です。

アフロートネイルスクールで実力を示せるネイリストへ!

ネイリストを目指すのは、30代、あるいは40代からでも遅くありません。あなたもアフロートネイルスクールをうまく活用して、今から憧れのネイリストを目指しませんか?コースの選び方はご相談を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

長く活躍できるネイリストになるなら!アフロートネイルスクールdouble_arrow

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

ネイル業界学費支援制度導入

授業料
最大
50%免除

各校舎申込先着15名限定!

各校舎申込先着15名限定!

キャンペーン期間6/5(日)まで

5月・6月生募集中!!

\ 時短&顔出し不要! /オンライン説明会
も実施中!

スクール見学・説明会の
お申し込みはこちらkeyboard_arrow_right
mvline

全国に22校舎で開講中