アフロートネイルスクール 東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡
人気サロンAFLOATのネイル専門スクール

AFLOAT Nail School

アフロートネイルスクール東京 ⁄ 大阪 ⁄ 名古屋 ⁄ 北海道 ⁄ 福岡人気サロン「アフロート」のネイル専門スクール

local_phone
ネイル業界トピックス

ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ジェルネイル検定中級の筆記試験の内容とは?

ジェルネイル検定中級の筆記試験の内容とは?

ネイリストとして働くなら、取得しておきたい資格の一つに「ジェルネイル検定」があります。
ジェルネイル検定には初級・中級・上級の3つがありますが、実は以前まで初級と上級の2つしかありませんでした。中級が新設されたのはごく最近のことなのです。

そこで今回は、まだ歴史の浅いジェルネイル検定中級の筆記試験についてご紹介します。
気になる筆記試験の内容をはじめ、試験対策や中級合格後の進路についても解説するので、ぜひご参考にしてください。

ジェルネイル検定中級の筆記試験の内容

JNA(日本ネイリスト協会)が行っているジェルネイル検定中級試験は、プロのネイリストとしてお客さまに施術を行う上で欠かせない知識と技術の修得を目指す試験です。
実際にネイルサロンの求人要項にも、応募条件として「ジェルネイル検定中級以上」と記載されていることが多くなっています。ネイリストとして働く上で最低限取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

中級の筆記試験では初級の筆記試験と同様、「ネイルに関する基礎知識」50問と「ジェルネイルに関する基礎知識」10問がマークシート形式で出題されます。出題範囲としては、ネイリスト検定2級の筆記試験の範囲にジェルネイルについての問題をプラスした内容です。制限時間は30分、100点満点中80点以上獲得すれば合格となります。

なお、ジェルネイル検定中級の受験資格は、「初級を取得していること」です。ジェルネイル検定初級を受けずにいきなりジェルネイル検定中級を受けることはできないため注意しましょう。

「ネイルに関する基礎知識」の試験内容

ジェルネイル検定中級の筆記試験では、「衛生と消毒」「爪の構造」「爪の病気とトラブル」「ネイルケアの手順」などが出題されます。
たとえば、「爪の構造」の項目でいうと爪の各部の名称とその部分の説明が出題されたり、「爪の病気とトラブル」の項目ではネイリストが知っておくべき爪や皮膚のトラブルについて出題されたりします。
このほか、サロンワークに必要な施術に関する知識やプロとしての心構えなども出題されるようです。
ネイルに関する基礎知識は全60問中50問と出題数が多いため、しっかりと対策を行うことが大切です。

「ジェルネイルに関する基礎知識」の試験内容

ジェルネイル検定中級の筆記試験では「ジェルネイルに関する基礎知識」をはじめ、「ジェルネイルとは」「光重合とは」「ハードジェルとソークオフジェルの違い」「ジェルの商品について」「プレパレーションについて」などが出題されます。
ジェルネイルに関する問題は全60問中10問とかなり少ないものの、ジェルネイルを扱う上での基礎知識となるためしっかりと覚えておくことが大切です。

ジェルネイル検定中級の筆記試験の対策方法

ジェルネイル検定中級の筆記試験の対策方法

ジェルネイル検定中級の筆記試験では、ネイリスト検定2級の筆記試験の内容が出題されます。「ジェルネイル検定公式問題集」というものはないため、ネイリスト検定2級の筆記試験の公式問題集で学習しましょう。

このほか、JNA(日本ネイリスト協会)が出版している公式テキストを参考にするのもおすすめです。

ジェルネイル検定中級の合格率は平均60%。数字だけを見ると半数以上は合格していることになるため、それほど難易度は高くないように見えます。
しかし、先述したようにジェルネイル検定中級は「ネイリストとして欠かせない専門知識と技術の修得を目指す」級であるため、筆記試験・実技試験ともに求められるレベルが上がります。

さらに、ジェルネイル検定上級試験では筆記試験がなく実技試験のみになることから、ジェルネイル検定中級の筆記試験では上級の知識も求められます。出題範囲は広く、より専門的な分野の問題が増える傾向にあるため、丸暗記するだけでは合格は難しいでしょう。

このことから、知識や技術の習得を踏まえると、ネイルスクールへ通うのがおすすめです。独学でも合格を目指せないわけではありませんが、より理解を深めるためにもネイルスクールへ通うと良いでしょう。

ジェルネイル検定中級の免除制度

ジェルネイル検定中級の免除制度

ネイリスト検定と併せて受験する方が多いジェルネイル検定。そのため、一部の試験に免除制度が設けられているのです。

たとえばジェルネイル検定中級では、すでにネイリスト検定2級以上の試験に合格している場合、実技試験第一課題(ネイルケア)が免除されます。免除を希望する場合は、申し込みの際にネイリスト検定の合格番号を記入してください。

また、前回の受験で筆記試験のみ合格している場合は、今回の受験で同じ級を受ける方に限って筆記試験が免除されます。免除を希望する場合は、申し込みの際に筆記試験に合格した際の受験番号を記入してください。もし記入を忘れた場合、筆記試験免除は適用されません。

ジェルネイル検定中級を取得したあとの進路

先述した通り、ジェルネイル検定中級は「実際の施術に欠かせない知識と技術」が修得できます。そのため、ジェルネイル検定中級に合格できれば、ネイルサロンへ就職してネイリストとして活躍することも夢ではありません。就職と進級の2つの進路について解説します。

就職する

ジェルネイル検定中級だけでなくネイリスト検定2級も取得している場合は、ネイルサロンへ就職できる可能性が高いでしょう。なぜなら、多くのネイルサロンが即戦力となる人材を求めているからです。サロンワークで必須となる知識と技術を有していることの証明となる「ジェルネイル検定中級」、実際の施術に欠かせないネイルケアやリペア、アート、チップ&ラップに関する技術と知識を有していることを証明できる「ネイリスト検定2級」以上の資格を持っている方であれば、就職できる可能性が高くなるのです。

しかし、ジェルネイル検定中級以外の資格を取得していない場合は、就職活動が不利になることがあるため、ネイリスト検定3級・2級の資格を取得して就職を目指すのがおすすめです。

ジェルネイル検定上級取得を目指して進級する

ジェルネイル検定中級取得後は、ジェルネイル検定上級やネイリスト検定1級の取得を目指してさらに勉強するという方もいます。
ジェルネイル検定上級は、サロンワークに欠かせないジェルイクステンションやリペア技術を修得したことを証明する資格です。一方ネイリスト検定1級は、アクリル樹脂を使ったイクステンションやミックスメディアアートの技術を修得したことを証明する資格です。

先述した通り、ジェルネイル検定とネイリスト検定は受験する順番によって免除制度を利用することができるため、さらに上の資格取得を目指すなら免除制度も上手に利用しましょう。
即戦力を求めているネイルサロンが多いため、より上位の資格を取得したあとに就職活動をすることで選択肢が広がります。

ジェルネイル検定中級の合格を目指すならネイルスクールへ

ジェルネイル検定中級では、実際の施術に欠かせない知識と技術を有していることが証明できます。求人への応募条件として「ジェルネイル検定中級、またはネイリスト検定2級以上の資格を保有している方」と明記しているネイルサロンも多いため、ネイリストとして働くためには必須の資格であると言えるでしょう。
そんなジェルネイル検定中級の筆記試験・実技試験のレベルとしては、独学でも合格を目指せないわけではありません。しかし、ジェルネイル検定上級の試験になると筆記試験がなく、中級の筆記試験で上級のレベルが問われることを考慮すると、ネイルスクールへ通い効率的に学習するのがおすすめです。

アフロートネイルスクールの就職・転職・再就職サポートはこちら

ネイリストを目指すなら!アフロートネイルスクールdouble_arrow

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

最短2ヶ月で資格取得!全くの未経験から資格を取得してネイリスト転身!

ネイル業界学費支援制度導入

授業料
最大
50%免除

各校舎申込先着15名限定!

各校舎申込先着15名限定!

キャンペーン期間12/25(日)まで

12月・1月生募集中!!

\ 時短&顔出し不要! /オンライン説明会
も実施中!

スクール見学・説明会の
お申し込みはこちらkeyboard_arrow_right
mvline

全国に22校舎で開講中